ベルルスコーニ元伊首相が心臓手術へ 発作で「死の危険あった」

ざっくり言うと

  • イタリアのベルルスコーニ元首相が、心臓の手術を受けることになった
  • 主治医は9日、元首相が深刻な状態で運ばれて「死の危険があった」と説明
  • 手術での死亡リスクは約2〜3%だが、医師は「2%でも不安だ」と述べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング