10日、人気アイドルグループAKB48の姉妹グループで上海を拠点に活動するSNH48について、AKB48は公式ウェブサイトで「契約違反があったため、運営を見直す」とした。このニュースは中国でも大きく扱われている。写真はSNH48。

写真拡大

2016年6月10日、人気アイドルグループAKB48の姉妹グループで上海を拠点に活動するSNH48について、AKB48は公式ウェブサイトで「契約違反があったため、運営を見直す」とした。このニュースは中国の大手ポータルサイト・百度(バイドゥ)でも大きく扱われている。

AKB48のサイトは「SNH48の現地における運営サイドに契約違反があり、運営の見直し等を図る必要が出てまいりました。この現況に鑑み、AKBオフィシャルサイト上に掲載されていたSNH48に関するすべてのバナーや広告を削除しました」としている。

一方、SNH48の運営サイドも声明を発表。「SNH48は完全に独立し、自主運営している中国本土化された大型アイドルグループ。運営側は日本のAKB48と国境を越えた姉妹グループで技術的な協力関係にあり、いわゆる契約違反の行為は存在しません。私たちの一切の運営活動は予定通り行います」としている。

また、AKB48が北京や広州を拠点に活動しているとされる「BEJ48」や「GNZ48」について、「当社は関知しておらず、AKB48グループとは何の関係もない」としていることについて、「2016年4月20日、SNH48の運営側は姉妹グループ『BEJ48』と『GNZ48』の設立を発表し、音楽についてもオリジナル戦略を進むことを発表しました。これはSNH48がすでにオリジナル路線を進み始めたことを示しています。これらはコンサートでも評判や反響が良く、SNH48の音楽の長期的な発展の基礎となりました。今後もオリジナル路線を歩んでいきます」としている。(翻訳・編集/北田)