9日、韓国の小学生の間で、日本の成人向け動画に出てくる日本語など性交渉や性暴力に関連する隠語が広まっていることが判明し、問題になっている。資料写真。

写真拡大

2016年6月9日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の小学生の間で、日本の成人向け動画に出てくる日本語など性交渉や性暴力に関連する隠語が広まっていることが判明し、問題になっている。

今月、小学3年のクラスで童謡のメロディーに「自分だけの歌詞」をつける授業をしていた音楽教師は、ある児童のノートを見て仰天した。「あん、気持ちいい、やめて」と読めるハングルが歌詞として書かれていたのだ。また別の小学校では、1年の児童3人が、SNSのグループチャットで「おまえ、○○したのか」「○○してみろ」と、性交渉を意味する言葉を使いメッセージをやりとりしていたことが分かった。

スマートフォンを持つ子どもが増えたことで、こうした言葉がSNSを通じて小学生の低学年児童の間にも急速に広まっているとみられる。他にも、「女性による男性への性的暴行」や「後輩へのいじめに対する仕返し行為」「男女交際」を意味する韓国語の隠語などが広く使われているという。

こうした状況に専門家は、小学1年生までもがスマートフォンを持つことで簡単に有害なコンテンツに接してしまう危険性を指摘、また小学生が学校や塾で多くの時間を過ごすため、親による問題の発見が遅れていると注意を促した。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「だから性教育をきちんとしろと言ってるじゃないか」
「性教育の問題。今のような形式的な教育ではなく、子どもたちが本当に気になっていることを教えるべきだ」
「最近の子は子どもじゃない。大人よりひどいよ」

「『気持ちいい』は日本で普通に使う言葉なのに、韓国ではなぜか性交渉を連想させる重要単語になってしまった」
「この程度で成人用語なんて言ってたら、『やめろ、こんなけんかはもうやめるんだ!』とかのせりふも成人用語扱いになっちゃうね」
「性教育は幼稚園から行うべき。気恥ずかしいことだからと隠していたら、後で大変なことになる」

「小学生以下の子どもにスマホは良くない」
「問題だ…あんなに純粋な年頃なのに」
「性教育をきちんとしない『儒学者』の国だから、子どもたちの性に関する知識もアダルト動画に限定されてしまっている」(翻訳・編集/吉金)