8日、観察者網によると、中国政府が“一帯一路”構想のために最高時速400キロの高速鉄道の研究開発を行っているという。写真は中国の高速鉄道。

写真拡大

2016年6月8日、観察者網によると、中国政府が“一帯一路”構想のために最高時速400キロの高速鉄道の研究開発を行っているという。

記事によると、中国科学技術部は中国とロシアの異なるレール上を走行できる新たな高速鉄道の開発を行っており、5月に発表された報告書の中でこの計画が記されている。北京交通大学教授で新しい高速鉄道プロジェクトの責任者でもある賈利民(ジア・リーミン)氏は、5日にインタビューに応じた際、中国が最高時速400キロの国内外を結ぶ列車の研究開発を行っていると明らかにした。もっとも、「中国の電気機関車の父」と言われる劉友梅(リウ・ヨウメイ)氏は、「コスト面を考えると、現在の条件下では400キロ以上で運行すべきではない」との見方を示している。

科学技術部の報告書によると、このプロジェクトは「国家重点研究開発計画」とされており、目標の中に「“一帯一路”の沿線の国々の異なる需要を満足させるもの」と明記されている。中国は2011年に商業運行用ではないものの、時速500キロで走行可能な試験車両を開発している。(翻訳・編集/北田)