話題のサメ映画を日本最速放送、頂上決戦「シャークトパス VS 狼鯨」。

写真拡大

CS映画専門チャンネルのムービープラスは6月13日から17日まで、サメ映画を計8作品集めた「サメフェス2016」を開催する。3年目となる今年の目玉作品は、B級映画の帝王ロジャー・コーマン製作で日本最速放送の「シャークトパス VS 狼鯨」だ。

本作は、サメとタコの生物兵器“シャークトパス”に、驚異の新種“ホエールウルフ”といった最凶合体生物のトンデモ頂上決戦が見どころのモンスター・パニック映画。

今回は前2作とあわせて、「シャークトパス」シリーズ全3作品を一挙放送するという、サメ映画好きにはたまらない構成だ。

また、サメ映画の代表格である、スティーヴン・スピルバーグ監督と映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズがタッグを組んだ名作「ジョーズ」のほか、雪の中を猛スピードで泳ぎスキー客を次々と襲う「アイス・ジョーズ」、水さえあればどこにでも出現する「ゴースト・シャーク」、獰猛で知能が格段に発達した巨大ザメとの戦いを描いた「ディープ・ライジング」なども放送する。