9日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、とんねるずの石橋貴明が、お笑いコンビのANZEN漫才を怒鳴り散らす一幕があった。

番組では「お笑いイミグレーション NEXT」のコーナーで、若手お笑いコンビとして、ANZEN漫才のふたりがネタを披露した。緊張気味のみやぞんと、あらぽんは、何を言っているのか不明瞭な自己紹介をはじめると、ネタに入る前に早速ダメ出しを食らってしまう。

石橋は「売れる匂いがしない」と、致命的な一言を放った後「(同じ事務所の先輩の)三四郎が言うには『みやぞんは、すげえバカなんですよ』って」と続けた。これに、みやぞんは「誰ですかあ?」と返して「いや、お前だよ」と、共演者から一斉にツッコミを受けた。

その後、再びネタ見せ前の質問で、ふたりはようやく足立区出身で保育園からの幼なじみなのだと説明することができ、みやぞんは高校時代に野球部で、ピッチャーで4番打者だったという。ところが、その後もみやぞんは、自分についての質問に「分かんないです」と答えを続ける。

石橋が高校野球について「東・東京大会は何回戦まで行ったの?」と、聞くと、みやぞんは「それも分かんないす!いいところまで行ったんですけど!国士舘に負けたんですけど!」と混乱しはじめた。

尋常ではない動揺をみせるみやぞんに、石橋は「なんで分かんねえんだよ!」「この野郎!」と怒鳴りながら、卓上の名札を投げつけ、笑いを誘った。眉間にしわを寄せて激怒する石橋に、みやぞんは「本当、詳しくないんです、野球が!」と、元野球部とは思えない言い訳をしてしまう。

その後も、激しい石橋からのツッコミにみやぞんは支離滅裂な受け答えを続けて、盛り上がりをみせたが、石橋は「それだけやって、ネタつまんなかったら、ぶっ飛ばすからな!」と、ふたりに檄を飛ばした。

そしてようやくふたりが持ちネタの「I LOVE 足立」を披露して笑いを誘ったが、ここで石橋は「なんでネタがつまんねえんだよ!」「もっと、めちゃくちゃな方が面白いのに…普通なんだもん…」と強烈なダメ出しをして、再び笑いを誘っていた。

【関連記事】
石橋貴明がフジテレビの困窮ぶりを暴露か「制作費がもうない!」
あばれる君が石橋貴明からの追求に涙目「もう止めてください」
とんねるずの恫喝にバナナマンが動揺「どうしたんだよ?とんねるず」