新「Yahoo!地図」アプリによる駅構内の案内イメージ(ヤフー発表資料より)

写真拡大

 ヤフーは9日、「Yahoo!地図」アプリ(Android版)をリニューアルした。新機能としては、地磁気による屋内位置確認技術を国内で初めて実用化し、特に迷いやすい新宿駅、渋谷駅、東京駅構内や地下街での現在地確認機能を追加、ルート案内機能もリニューアルされ、カーナビのように現在地に応じて地図や誘導案内が自動で切り替わるようになった。

 従来の地図・ナビゲーションアプリは、屋内での現在地確認とルート案内ができなかった。今回、屋内の現在地でも地磁気で高精度に把握できる技術と東京の新宿駅、渋谷駅、東京駅の屋内・地下街地図情報が新たに採用され、目的地までの最適なルート案内ができるようなった。今後、他の大型駅や大型商業施設などにも対象を広げる予定。

 リニューアルされたルート案内機能では、交差点などの目印と次のポイントまでの距離を示し、案内に従って進むだけで迷わず目的地に到着できるようになった。設定したルートをはずれた場合や、ルートに含まれる公共交通機関の時刻に遅れそうな場合、再検索の案内を表示しワンタップで最新の状況に適したルートを案内する。