日本と韓国では現在、多くの「非婚族」が出現し、30〜40歳になっても結婚しない人が増加している。その理由は何か?資料写真。

写真拡大

日本と韓国では現在、多くの「非婚族」が出現し、30〜40歳になっても結婚しない人が増加している。環球網が伝えた。

韓国のあるプロモーション代行会社の副部長を務める李美珍さん(31)は、「今が最も忙しく働く時期で、結婚を考える余裕がない。結婚・出産でキャリアに穴を開けると完全に遅れてしまう」と話す。日本の貿易会社で働く橋下里美さん(35)は、「一人だととても自由。結婚はあこがれておらず、束縛されたくない」と語る。

韓国の中央日報と日本経済新聞がこのほど、「働き方と子育て」と題するオンラインアンケート調査を実施したところ、日韓両国で回答者の過半数が「結婚してもしなくてもいい」と回答した。特に、結婚より仕事を重視する日本と韓国の女性は、年齢が高くなるほど結婚に対して否定的な態度を示した。

韓国では、低い出生率や晩婚、非婚の増加などが問題になっており、就職、結婚、一人目出産、二人目出産であるはずの順番が崩壊し、悪循環になっている。「仕事はない、結婚しない、子供がいない」の「3ない」の人々や、「恋愛」「結婚」「出産」「人間関係」「マイホーム」「夢」「希望」の「7つをあきらめた世代」などの言葉の出現は、現状を皮肉るだけでなく、無力感さえ漂わせる。

日本では、非婚派の女性は、結婚すると自由がなくなり、束縛されると感じているほか、育児も気の重い仕事で、自分一人ではできないと思っているようだ。非婚派の男性は、結婚する時も、結婚してからも、お金がかかり、自分の生活も安定していない状態では結婚できないと考えている。総じて言うと、日本の未婚の男女にとって、結婚は魅力のないものになっている。

その他、「結婚しなくても、孤独ではない」というのが、日本の多くの男女が結婚しない大きな理由になっている。日本の社会は独身の人に優しい。レストランに行けば、「一人前の夕食セット」や「一人鍋」があり、旅行会社は、「一人旅」の商品を販売。ソフトウェア会社はバーチャルな相手と会話できるソフトを打ち出すなど、一人でも孤独を感じることはあまりない。(提供/人民網日本語版・編集KN)