7日、韓国の仁川消防本部が市民の119番通報から選んだ「トンデモ通報ベスト10」を発表し、これを複数の韓国メディアが伝えた。写真は韓国・ソウルの消防署。

写真拡大

2016年6月7日、韓国の仁川消防本部が市民の119番通報から選んだ「トンデモ通報ベスト10」を発表し、これをニュース1など複数の韓国メディアが伝えた。

日ごろ119番通報を電話で受け付ける職員らが、昨年4月から今年4月までの間に同消防本部に寄せられた54万2477件の中からよりすぐった10件のうち、上位5件は以下の通り。

「彼氏に1本電話をお願いします。番号をお知らせするので、1回だけ」「背中にひどいけがをした。病院代に充てるので10万ウォン(約9300円)だけ送って」「映画俳優のアン・ソンギさん、いるでしょ。代わって、早く」「山で携帯電話をなくしたので、山まで来て探してください」「代行運転の人が来ないので助けてください」。

6位以下はこうだ。「85歳の老人だ。子どもらが浮気をすると騒いでいる。助けてくれ」「外出したいんだけど、門の外に大きい犬がいないか見てくれない?」「大雨なのにタクシーがつかまらない。送って行って」「農協のテレバンキングを申し込んだのに駄目だって」「家にむちゃくちゃ大きいゴキブリが出たの。女の独り暮らしなので手伝って」。

なお、同消防本部にこの間寄せられた119番通報のうち、61%が出動の不要な相談やクレームだったという。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「多少でも罰金を科すべき。これも立派な公務執行妨害罪だ」
「彼氏がなぜ君の電話に出ないのか分かる気がする」
「本人は何が間違っているのか分からないだろうね」

「他人の命をもてあそんでいるのと同じこと。刑事事件として扱って、罰金でなく拘束すべきだ」
「通話はどうせ録音されてるんだよね?きれいさっぱり処罰しよう」
「通報を有料にすればいい」

「米国なら起訴されるのに、後進国のこの国では問題にならない」
「通報者の顔を公開すれば済むよ」
「今後、こういうふざけた電話は大統領府へ」(翻訳・編集/吉金)