モテヘアメイクに香水、ファッション、しいてはモテ仕草まで。「意中のカレの気を少しでも引きたい、可愛いと思われたい!」そんな乙女心から、日々モテ路線を目指しているなんて女性も多いのでは?

数あるモテ仕草のなかでも、王道の仕草といえば……うなじ見せですよね。しかし、心理学・名誉生理学博士であり、脳や心のメカニズムを活用することで女性を輝かせる“美容心理学”を提唱する医事・美容評論家の響怜於奈先生によると、うなじよりも、さらに男を釘づけにしてしまう、隠れセクシースポットが存在するのだそう!

そこで今回は、“男の視線を奪い取る!究極のモテ仕草”をご紹介します。

■うなじ見せはもう古い!? その驚きのNG理由とは…

「女性は、モテという観点から言えば、日常的に髪をアップにすべきではありません」響先生は、開口一番にこう断言します。その驚きの理由には、女性の美のレベルアップが関係しているのだとか!

響先生によると、年々女性はキレイになり、魅力的な女性が増えています。ところが、男性たちはそんなキレイな女性を見慣れてきているので、ただのメイク上手やオシャレに着飾るだけでは、「素敵だな」と感じなくなってきているのだそう。

たとえば、これからの季節。グングンと蒸し暑くなるにつれて、髪をアップにする女性が増えますよね。そうすると、男性は女性のうなじを見慣れることになるため、本来色香を漂わせるはずのうなじに、視線がくぎ付けにならないのです。

■ポイントは意外性のあるドキッ

「反対に、普段はダウンスタイルのみ、ヘアアレンジはしないという女性が、夏の花火やお祭りに浴衣を着こなし、アップヘアで登場したらドキッとするでしょう。それは、真夏の夜に浴衣といった非日常的環境が影響し、浴衣の襟足やアップされた髪に、男性たちの心が揺さぶられるのです」(響先生)

一方で、普段の通勤やお買い物で、ロングヘアが暑苦しいからと、無造作にアップをしている女性とすれ違っても、ドキッとくる男性はほとんどいないのではないでしょうか? しかも、紫外線対策が不十分な女性の中には、うなじが日焼けして、色気も半減、なんてことも。これでは、アップヘアやうなじにときめくことも少なくなります。

ですから、男性を惹きつけたい、モテたいという方は、真夏の夜の浴衣以外、出先でのアップヘアはNGですよ!

■男が女性の全てを見たくなる…“隠れセクシースポット”はココ!

今まで鉄板モテ仕草だと思い込んできた“うなじ見せ”がNGとなれば、どうすれば……? 響先生によると、男性たちの視線を釘づけにする、隠れたセクシースポットがあるそう。そのセクシースポットこそ、ズバリ耳!

「たとえば、ハーフロングの女性が突然無造作に、髪をかきあげ、白い耳が露わになったとしましょう。ほとんどの男性は、その瞬間、ドキッとして、その女性の耳や髪、横顔、胸まで見たくなってしまいます」(響先生)

その理由とは、女性の耳が性感帯でもあるから。男性は、女性がブラジャーをはずした途端にドキッとくるのと同じように、髪で覆い隠された白い耳が露わになった瞬間、その女性に魅了されてしまう、と男性の本能について響先生は語ります。

男性の密かな性的心理を知って、さりげなく片方の白い耳を見せてみる……手軽だけれど、効果は絶大なモテ仕草、早速試してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

加藤綾子アナはやっぱりモテ女!「男が引き寄せられる」メールテク3つ

【取材協力】

※ 響 怜於奈(ひびき れおな)・・・医事・美容評論家。心理学博士、名誉生理学博士。専門はストレス脳、アンチエイジング美容・医学、脳心理学、健康科学。女優モデル養成スクールでの美的演出を経て、京都祇園の芸舞妓、モデル、女優、美容のプロたちの“綺麗コンサルティング”に従事。著書多数。『76.9 FM-Hi! ゆうラジ!Radio魂(ソウル)』にて『ひびきレオナのプリプリプリンチェ、元気up Boooon!』のコーナーにコメンテーターとして出演中。