艶やかで色っぽい浴衣が勢揃い!セレクトショップ「水金地火木土天冥海」で浴衣フェア

写真拡大 (全4枚)

そろそろ夏の遊びのプランを立て始める季節。今年こそ、いろんなところへ浴衣を着て出かけたい! でも、自分に似合う浴衣を見つけるのって意外と難しかったり…。そんな女子におすすめが、モデルも御用達の表参道の人気セレクトショップ「水金地火木土天冥海」でスタートした浴衣フェア。可愛いデザインが豊富で、セレクトショップだからいつもの洋服感覚で似合う一枚を探せそうなのも◎。

「今年の夏は、竹久夢二をはじめとする多くの絵師たちが描いてきた美人画の世界をイメージした、艶やかで色っぽくはんなりとした浴衣の着こなしがテーマになっています」と広報ご担当者さん。多彩なデザインが揃う中でもおすすめの浴衣を聞いてみると…。
「近江縮みのグラデーションの浴衣。ピンクが可愛らしい雰囲気ですが、スパンコールのついた帯を合わせれば、ぐっと色っぽい大人の着こなしになります」(浴衣 62000円、帯 37000円、井草クラッチバッグ 30000円)


「今年イチオシのナデシコとキキョウの浴衣は老舗竺仙のものです。松の煤を用いて染められた水色は、爽やかさもありながら気品のある印象に」(浴衣 76000円、帯 23000円、赤コサージュ 24000円、カゴバッグ 63000円)


「有松絞りの浴衣は、ビビットカラーでまとめて華やかに。浴衣ならではの色合わせも醍醐味です」(浴衣 63000円、帯 22000円、バッグ 24000円)

さらに店内には、浴衣に合わせるアクセサリーや小物も多数ラインナップ。和小物の定番である骨董の簪から、エッジの効いたガラスのアクセサリーやエキゾチックなゴールドジュエリー、インドの古布からつくられたバッグ、井草のクラッチバッグなど洋のアイテムもいっぱい。自由なスタイリングが可能で、いつもの自分らしく浴衣を着こなしたい!という女子もきっと満足できるはず。

開催期間は2016年6月3日(金)から8月上旬(予定)まで。夏の浴衣を紹介するスペシャルサイトも公開中(www.hpfmall.com/sp03/suikinyukata2016/)。お気に入りの一枚を見つけたい!