料理に欠かせない刃物が食道楽の街である「堺」で古くから作られて来たのは納得のいくところです。日本独自の片刃の「和包丁」はこの堺で生まれたと言われ、鍛冶、研ぎ、柄付けとそれぞれの職人が1つの技術の高さを常に追い求めて来ました。

刃物の切れ味を左右するのは、材質の良さはもちろん、「研ぎ」技術の高さが重要なポイントです。「森本刃物製作所」は「心で研ぐ」をモットーに刃物制作を続け、日本のみならず世界各国の料理人を支え続けています。


160601_sakaihamono_002.jpg

現代社会においては、多様な料理に対応できるペティーナイフが重宝しますね。サラダを作る、果物の皮を剥く等の、ちょっとした作業も、切れ味の良いペティーナイフが相棒となれば料理の工程を楽しめるようになります。

使用後はすぐに洗浄し、布でしっかり水分を取り、月に1度は丁寧に研ぐのが長持ちのポイントです。また、小さくサビがついてしまった場合には「大根の切れ端」を使って洗うことが勧められています。


160601_sakaihamono_003.jpg


良質のペティーナイフを自分で手入れして、長く使い続ける生活を送ってみませんか?


堺刃物 青一鋼 墨流 ペティナイフ(森本刃物製作所)|machi-ya