日本はかつて中国から大きな影響を受けた。今なお日本の文化には中国の影響が残るものも数多く存在するが、日本人と中国人は多くの点で大きく違っているとも言える。中国メディアの捜狐はこのほど、日本と中国の「本質的な違い」について考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本はかつて中国から大きな影響を受けた。今なお日本の文化には中国の影響が残るものも数多く存在するが、日本人と中国人は多くの点で大きく違っているとも言える。中国メディアの捜狐はこのほど、日本と中国の「本質的な違い」について考察する記事を掲載した。

 記事はまず、日本と中国は「一衣帯水」であり、日本人と中国人も外見的に良く似ているうえ、文化的にも相似点は数多いと指摘。和服や畳といったものにも、唐の時代の文化の影響が見て取れると指摘し、中国国内ですでに失われている文化が日本には今なお姿を変えつつも残っていることを紹介した。

 さらに、日本人と中国人の相似点として「両者ともに己を律し、静かに思いをめぐらすことを好む」と主張、「禅」や「枯山水」や「茶道」、「生花」といった文化が日本で流行したことがその証拠であるとし、こうした文化に通じる精髄は中国の伝統的な美学と完全に一致するものだと論じた。

 そのほかにも記事は、日本と中国の文化的な相似点を挙げつつも、「近代において、中国はなぜ失敗し、日本はなぜ成功したのか」と主張。日本は明治維新を経て、急速に国力を高め、世界の列強に数えられるまでになったが、中国はアヘン戦争や日清戦争に負け、日本と対照的な道を歩むことになった。

 これに対して記事は、日本は中国から学び続けてきたとおり、「他社から学ぶのが非常に長けているため」であると指摘、もともと日本人は非常に特殊な民族なのだとしたうえで、これが日本人と中国人の本質的な違いの1つであると指摘している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)