9日、陸上自衛隊が発表しエンブレムに関して日中のネットでさまざまな声が寄せられている。写真は日本刀。

写真拡大

2016年6月9日、陸上自衛隊が発表しエンブレムに関して日中のネットでさまざまな声が寄せられている。

エンブレムは、抜き身の刀と鞘(さや)が交差しており、その上に日の丸がデザインされている。エンブレムについて陸自はホームページで、近年陸自が海外でさまざまな活動を行っており、「国際儀礼上、自国軍のエンブレム入りギフト(メダル等)を交換することが慣例となっている」と紹介。今後陸自の海外での活動の場が増えるためにエンブレムの作成に至ったと説明した。日本刀のデザインについては、「刃に強靭(きょうじん)さ、鞘に平和を愛する心を表現している」とし、「奥に刃、手前に鞘、帯(陸上自衛隊の前身である警察予備隊の創隊時期を記したもの)を配置することで、陸上自衛隊が『国土防衛の最後の砦』であること、そして、国家危急の時に初めて戦う意思を表現した」と述べた。

同エンブレムに関して日本ネットでは、「カッコいい」「わかりやすいデザイン」「日本らしい」と肯定的な意見が大多数で最も支持を得ていたが、否定的な意見も寄せられた。否定的な意見の中には、「簡単に刀を抜いたらいけない」「刀を抜くときは誰かを殺す時」「好戦的なイメージ」と抜き身の刀を問題視する意見が多かった。

中国のネットではエンブレムを客観的に評価し中立的な視点のコメントを寄せるユーザーもいたが少数意見で、多くは「日本の右翼的な軍国主義は政界から軍事にまで浸透した。一体日本はどこに向かって走っているのだ?」「日本の軍国主義が台頭している。アジア諸国は警戒が必要だ。日本は米国の手先であるため、実際衝突した際中国の相手は日本だけではすまない」「日本に気を付けろ!」とエンブレムが日本の軍国主義復活を象徴していると批判する声だった。(翻訳・編集/内山)