チャンスを生かす準備は整ってる。東京女子に刺さるビヨンセのメッセージ

写真拡大

2016年6月6日(現地時間)に開催された、アメリカファッション協議会が主催するCFDAファッションアワード。アメリカのファッション界で、最も栄誉あるアワードと言われている授賞式です。

今回、このCFDAファッションアワードで、歌姫・ビヨンセがファッションアイコン賞を受賞しました。

授賞式はGIVENCHYでマニッシュに

まず話題に上ったのは、彼女が身にまとっていた『GIVENCHY』のスーツ。

モノトーンのストライプでマニッシュに決めていながらも、ゴージャスな女性らしさが漂うのは、さすがビヨンセです。

現在ツアー中の「Formation World Tour」でも、『GIVENCHY』をはじめ、『BALMAIN』や『GUCCI』『DSQUARED2』など多くのハイブランドが、彼女へ衣装提供しているとのこと。

いまやすべてのブランドが、彼女に衣装を着てもらうことを望み、名誉と考えています。

駆け出し時代、衣装はママが作ってくれた

しかし、ここに来るまでには、たくさんの苦労があったようです。

"When we were starting out in Destiny's Child, high-end labels didn't really want to dress four black, country, curvy girls. And we couldn't afford designer dresses and couture. My mother was rejected from every showroom in New York. But like my grandmother, she used her talent and creativity to give her children their dreams."

「私たちがDestiny's Childを始めたとき、ハイエンドのブランドは、黒人で、田舎者で、カーヴィな4人の女の子に衣装を着てほしいとは思ってなかった。それに、私たちにはデザイナーのドレスやオートクチュールを買う余裕もなかったわ。母はニューヨーク中のショールームから断られたのよ。でもそんなとき、祖母がそうしたように、母も私たちに夢を与えるために、その裁縫の才能と創造力を使ってくれたわ」

幼いころから、裁縫師であったビヨンセの祖母に裁縫を学んでいたビヨンセの母親・ティナ。その経験を活かして、Destiny's Childの衣装を手作りしていたのだそう。音楽での成功を夢見るビヨンセへの愛を感じるエピソードです。

また、Destiny's Childは元々ビヨンセの父親・マシューがマネジャーを務めていた、いわば家族経営のグループ。ビヨンセ自身の才能と努力はもちろんのことながら、そこに家族の愛とサポートが加わってこそ、いまの彼女が形作られたと言えます。

どんな女の子だってチャンスを持っている

そして、ビヨンセは次のように語っています。

"We have an opportunity to contribute to a society where any girl can look at a billboard or magazine cover and see her own reflection. Soul has no color, no shape, no form."

「どんな女の子でも、雑誌のカバーやビルの看板に影響を与えられるようなチャンスがある社会を生きている。だって魂には色も、姿も、形もないから」

いまは、肌の色や生まれた場所に関係なく、誰もがチャンスを持っている恵まれた時代になりました。そしてチャンスを生かすも、殺すも自分次第なのです。

その裏には、ビヨンセのように辛い思いをしながらも這い上がってきた人の存在を忘れることはできません。

[WHO WHAT WEAR]

あわせて読みたい

・華やかさの裏にある地味な努力。ビヨンセの強さの秘密

・東京で戦うシングルレディへ。とにかくパワーを注入できる5曲

・本気の衝撃。ビヨンセ率いるガールズバンドがスーパーボウルに登場

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

image by gettyimages

文/グリッティ編集部・近藤うらら