“梅雨の憂うつ気分”をスッキリさせる方法

写真拡大


執筆:磯部 尚美(JATA認定ハーブティーソムリエ、ハーブセラピスト)


梅雨の時期は、部屋に湿気がたまりやすく、なんとなくカビ臭い匂いも気になりますよね。

そこで、スーパーや薬局、100円ショップでも購入できる安価な重曹を用いて、湿気の多い季節に役に立つ「抗菌アロマ」をご紹介しましょう。抗菌やカビ予防の働きのあるアロマオイルでパワーアップした洗浄剤を使えば、楽しくハウスキーピングできますよ。
吸湿とアロマテラピーの効果で、ジメジメとした憂うつ気分もスッキリとリフレッシュさせましょう。

おすすめの 抗菌アロマ

(1)ティートゥリー


フトモモ科の常緑低木のティートゥリーはオーストラリア原産の植物です。精油には強い抗菌と抗真菌、抗ウイルスの働きがあり、オーストラリアの先住民族・アボリジニは、古くから傷の手当てに使う薬草として用いてきました。

現在ではハーブティーとして使われることはほとんどなく、葉部から蒸留して採取される精油(アロマオイル)が利用されています。すっきりと清潔感のある香りで、心身をリフレッシュさせてくれるなどのアロマテラピー効果も期待できます。

※ネコ科のペットはティートゥリー精油で中毒症状を引きおこすことがありますので、注意してください。

(2)ユーカリ


ユーカリは、高さが50〜60mを超える、フトモモ科の常緑高木です。
強力な抗菌や抗ウイルス作用をもち、こちらもアボリジニに古くから重要な薬草として使われてきました。シャープな香りで鼻や喉のコンディションを整えるのにも役立ちます。

(3)ペパーミント


強い生命力をもつ、シソ科の多年草です。香りも刺激的で存在感が感じられます。
抗菌や殺菌の働きと、スゥ〜とした爽やかなメントールの清涼感で、気になる匂いもスッキリ解消。リフレシュ効果でストレスや神経疲労を和らげます。

抗菌アロマ 排水溝の発泡剤を作ってみよう

<用意するもの>


・ 重曹
・ 抗菌アロマオイル(精油)
(上記のティートゥリー、ユーカリ、ペパーミントなどお好みで1つ)
・ クエン酸水

<作り方・使い方>


重曹に抗菌力の高いアロマオイル(精油)を数滴混ぜあわせ、それを排水溝の周辺や中にふりまきます。


次にお湯でといたクエン酸水をゆっくりと回しかけると、重曹に酸が反応してシュワシュワと発泡し、汚れが浮いてきます。
仕上げに使い古しの歯ブラシなどで軽くこすり、水やお湯をかけるとピカピカに。クエン酸がない場合は、お酢で代用しても発泡させることができます。

※クエン酸やお酢は酸性のため、塩素系のキッチン漂白剤と混ぜると塩素ガスが発生し、大変危険です。決して一緒に使わないように、注意しましょう。

抗菌アロマ カーペットのダニやカビに使えるクリーナー

<用意するもの>


・ 重曹
・ 抗菌アロマオイル(精油)
(上記のティートゥリー、ユーカリ、ペパーミントなどお好みで1つ)
・ レモングラスのアロマオイル(精油)

<作り方・使い方>


重曹に抗菌力をもつ精油や、ダニを忌避する働きをもっているレモングラス精油などを数滴混ぜあわせ、カーペットにふりまきます。
しばらくおいてから、ゆっくり丁寧に掃除機で吸い取ります。カーペットのダニ避けや消臭の対策に、日常のお掃除として用いることができます。

抗菌アロマ 消臭と汚れ落としに!万能重曹スプレー!

<用意するもの>


・ 重曹水(ぬるま湯100mlに対して重曹小さじ1)
・ 抗菌アロマオイル(精油)
(上記のティートゥリー、ユーカリ、ペパーミントなどお好みで1つ)
・ エタノール少量
・ スプレー容器

<作り方・使い方>


少量のエタノールに抗菌力のある精油を数滴垂らし、重曹水とま混ぜ合わせれば完成です。使用前によく振ってから使いましょう。
台所での汚れ落とし、気になる部屋干しの衣類に、お部屋やカーペットの消臭などに、様々な用途で活用できるスプレーです。

いかがでしたか?掃除方法を変えるだけでも気分一新。ほんのり香るアロマの効果で、梅雨のうつうつも解消してくれることうけあいです。ぜひお試しください。

〜注意事項〜
※アロマオイルは引火の可能性があるので、取り扱いには十分注意してください。
※アロマオイルは有効成分の濃縮したエッセンシャルオイルです。お子様の手の届かない冷暗所で保管し、原液が皮膚についたり、目に入らないよう注意してください。
アロマオイルと100%天然エッセンシャルオイルの違い
※アロマオイルという表示は、ポプリオイルなどの人工香料を主原料としたものも、広域に含まれます。アロマテラピーや植物の有効成分の効果を利用したい場合、また、とくに皮膚に触れるものに用いるときは、100%天然エッセンシャルオイルと表記のあるものを選ぶのがよいでしょう。

<執筆者プロフィール>
磯部 尚美(いそべ・なおみ)
東京都生まれ。JAMHA認定ハーバルセラピスト。JATA認定ハーブティーソムリエ、ハーブセラピスト。日本園芸協会認定ハーブコーディネーター。植物療法を生活に取り入れ、その薬理作用を実感してハーブを学ぶ。現在三人の男児を育児中。美容や健康維持のためのハーブ療法について研究。優しく寄り添ってくれる植物との共生を感じながら「植物の癒しの力で美しく健康に」をコンセプトにしている。