「カルガモ走行」でETCを100回不正突破 無職の男を逮捕

ざっくり言うと

  • 大阪府警は9日、道路整備特別措置法違反の疑いで37歳の無職の男を逮捕した
  • 容疑者は2012年から、ETCの不正通行を約100回繰り返したとみられる
  • 前方の車との車間距離を詰めて走る「カルガモ走行」をしていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング