東京駅構内がさらに便利に

写真拡大

2016年7月27日、東京駅地下1階の「グランスタ」がフロアを拡大し、東京駅構内に今までなかった大型の「雑貨・コスメゾーン」が誕生します。

今までグルメなど、旅行客に向けた店舗が多かった東京駅構内ですが、"日常使い"に便利な商品がそろった新エリアの誕生です。

「グランスタ丸の内」もオープン

2017年の夏までに、改札の内外を合わせて店舗面積約3700平方メートルという巨大な新エリアが順次オープン予定。

中でも注目は、今まで東京駅のイメージになかったコスメや雑貨のショップ群です。

第1期として、今回新しく拡大するフロアには、全国初出店のお店がいっぱい。コスメを試しながら選べる「@cosme store mikke!(アットコスメストア ミッケ!)」や、「ギフト」のセレクトショップ「BIRTHDAY MINI BAR(バースデイ ミニ バー)」、てぬぐい専門店「かまわぬ」の新ブランド「SHARED TOKYO」など、どれも"ここだけ"の品がそろいます。

ほかにも、エキナカ初出店のオーガニック化粧品「john masters organics select(ジョンマスターオーガニック セレクト)」や、文房具を扱う「Neustadt bruder(ノイシュタット ブルーダー)」をなど、雑貨・コスメの店は全部で18店舗オープンします。

また、同日オープンする「グランスタ丸の内」は、「グランスタ」に隣接する新施設。セミセルフ型のコスメのセレクトショップ「MCS マルノウチコスメティクスセレクション」や、「築地すし好‐和‐(ツキジ スシコウ ナゴミ)」などがオープンします。

グランスタ、グランスタ丸の内あわせて増床エリアは全53ショップ。第2期以降は、2017年春から夏にかけ順次開業予定です。