大鴻芸術提供

写真拡大

(台北 9日 中央社)女性デュオのパフィー(PUFFY)は9月17日に台北市内でコンサートを開催するのを前に今月初旬、台湾を訪れた。滞在中、パフィーの2人はアスパラガスジュースを体験。「チョコレートみたいな味」と笑っていたという。

今回の訪台は、今月5日に台北市内で開かれた音楽賞授賞式にプレゼンターとして出席するため。40時間に満たない滞在時間の中で、10社近くの現地メディアの取材にも応じた。

最も行きたい場所は台北近郊の観光地、九フンとナイトマーケットだと語るパフィー。だが、今回が予定が詰まっており、行けた場所は一番遠くてホテル近くのコンビニだったという。(フン=にんべんに分)

そのコンビニで目についたのが、老舗ブランドのアスパラガスジュース。どんな味なのか気になり飲んでみると、甘くてさわやかな味わいだと分かり、笑みをのぞかせていたという。

2人はこのほか、スタッフを通じてテイクアウトした小籠包を堪能したほか、授賞式出席後は人気の台湾料理店で食事を楽しんだ。

9月の公演について2人は、ワクワクし、楽しみにしていると話す。中国語バージョンの楽曲2曲の復習を急いで進めるとし、台湾のファンにも意見がもらえればと語った。

パフィーの台湾公演は2010年以来6年ぶり、3回目となる。

(王靖怡/編集:名切千絵)