ナゾのMRカンパニー・Magic Leapのヘッドセット設計書

写真拡大

MR(複合現実)技術を手がける謎多きスタートアップ、マジック・リープのヘッドセットの設計書が明らかになった。その見かけは、映画『スター・ウォーズ』に登場する「X-Wing」のヘルメットとそっくりだ。

「ナゾのMRカンパニー・Magic Leapのヘッドセット設計書」の写真・リンク付きの記事はこちら

マジック・リープ(Magic Leap)による複合現実(Mixed Reality:MR)用ヘッドセットの設計書が明らかになった。見た目は、映画『スター・ウォーズ』でルーク・スカイウォーカーが着用していた「X-Wing」のヘルメットにそっくりだ。

6月7日(米国時間)に申請された特許には、ヘッドセットの設計案が8つの異なる角度から示されている。設計書によると、頭部半分を覆うヘルメットに、スクリーンが細いバンドで取り付けられていてる。

HTCの「Vive」やOculusの「Rift」は、顔の前面に装着するタイプの仮想現実(VR)ヘッドセットだったため、重くて動けないという批判を呼んだが、マジック・リープのヘッドセットは、ヘルメットからスクリーンを吊るすことによってこの問題を回避しているようだ。

マジック・リープは、グーグルやクアルコムの支援を得ている謎多きスタートアップだ。現実世界に、ユーザーが干渉できるデジタルイメージを映し出すMR技術を開発している。

RELATED

マジック・リープは2016年はじめ、Cラウンドの資金調達を完了し、7億9,300万ドルを獲得。これにより、同社の評価額は47億ドルになった。

マジック・リープのチーフフューチャリストである作家のニール・スティーブンソンは『WIRED』UK版に、「わたしたちは2Dスクリーンでできることを限界までやり切りました。次は3Dの可能性を引き出すときですが、そのためには媒体を一から定義し直す必要があります」と語っている

ウェブメディア『Wareable』によると、マジック・リープのMRヘッドセットの一般公開は、2017年1月のCESまで待たなければならないという。