「梅雨のスマホトラブル」警戒マップ エリアごとで注意レベルをお知らせ

写真拡大

KDDI(au)が展開するスマートフォンのトラブルを予報する「ニッポンのスマホトラブル予報」は、関東甲信エリアの梅雨入り発表を受け、全国8エリアの「梅雨のスマホトラブル警戒マップ」を、2016年6月6日公開しました。

関東甲信の警戒レベルは......

「梅雨のスマホトラブル警戒マップ」は、梅雨時期の、地域ごとの過去のスマホトラブル件数と、過去5年間の天候・湿度の傾向を照らし合わせて、梅雨時期の「紛失」「破損」「水没」のトラブルレベルを算出したもの。

その結果、全国ほとんどの地域で「水没」トラブルの警戒レベルが上がっています。

「水没」トラブルの警戒レベルが最も高かったのは「四国」で、「東海」「北陸」「九州・沖縄」の3エリアでも『注意』レベルが出ています。

関東甲信はどうかというと、1番注意が必要と出ているのが「紛失」。交通機関が充実しているため、梅雨入りすると雨を避け、電車やバス、タクシーなどを使って移動する人が増えます。傘など手荷物も多くなりがちなので、乗り換えなどのタイミングで、荷物に気を取られて、スマホがいつの間にかなくなっていた! ということのないようくれぐれもご注意を。

住んでいる地域や仕事・旅行で訪れる地域での"トラブル対策"にチェックしてみて。

詳細は公式サイトから。