ジャーナリストからテクノロジストへ──Vox.comメリッサ・ベルが語る「変革時代のメディアのつくりかた」

写真拡大

「ニュースを説明する」を掲げる米国のオンラインニュースサイト『Vox.com』。この新時代のメディアのキーコンセプトをつくり上げた共同創設者、ジャーナリストでありテクノロジストでもあるメリッサ・ベルが語る、いま、メディアをつくるために忘れてはいけない視点。

「ジャーナリストからテクノロジストへ──Vox.comメリッサ・ベルが語る「変革時代のメディアのつくりかた」」の写真・リンク付きの記事はこちら
MELISSA BELL|メリッサ・ベル
ヴォックス・メディア グロース・分析担当ヴァイスプレジデント。9.11をきっかけにジャーナリストを志す。インドの経済紙『Mint』や『ワシントン・ポスト』を経て、2014年に『Vox.com』を共同設立。2015年7月より現職。Vox.comだけでなく、ヴォックス・メディアグループ全体の成長戦略を手がける。

めまぐるしくメディア環境が変わり続けるなか、世界では次々と新興メディアが生まれ、伝統メディアも生き残りをかけて革新を行っている。

2014年に『ワシントン・ポスト』の人気政治コラムニスト、エズラ・クラインがデジタルメディア企業ヴォックスメディアに移籍して立ち上げた『Vox.com』は、現在の“メディアの変革期”を表すニュースサイトのひとつだ。「Explain the news」をコンセプトに掲げ、「カードスタック」と呼ばれるウェブでこそ可能な表現を駆使してニュースのバックグラウンドを解説する。その独自のスタンスとテクノロジーによって、オンラインでのクオリティジャーナリズムを追求している(『ニューヨーク・タイムズ』はヴォックスメディアのことを、テクノロジーに長けたメディア企業というよりも「メディアをつくるテック企業」だと称している)。

そのカードスタックを生み出したのが、クラインとともに『ワシントン・ポスト』を離れ『Vox.com』をともに立ち上げたメリッサ・ベルだ。記者からプロダクト開発者へと転身した異色のキャリアをもつ彼女に、『Vox.com』のバックストーリーとこれからのメディアづくりに求められるマインドを訊いた。

Bitcoin, explained

──どのようにしてジャーナリストからテクノロジストになったのでしょうか?

ジャーナリズムスクールを卒業したすぐあと、インドの経済紙『Mint』で4年間記者として働きました。インドはまさに成長のまっただ中にあり、次々と起こる新たな出来事を追う刺激的な日々でしたね。

でも、その間にアメリカでの不景気がジャーナリズム界にどれくらい打撃を与えているかということをわたしは見逃してしまっていたのです。2010年に帰国したときにすっかり衰退したジャーナリズム産業の姿を見て、デジタルジャーナリズムの世界に飛び込んでみようと思いました。メディアのフィールドが急速にウェブに移行してジャーナリズムが進むべき方向を見失いつつあるなかで、なんとかその問題を解決することができないかと思ったのです。

帰国後、『ワシントン・ポスト』ではじめはオンラインでコンテンツをつくる書き手として働き始めたのですが、すぐにオンラインジャーナリズムの問題がテクノロジーにあることに気がつきました。いい書き手はたくさんいるのに、それを適切なかたちで読者に届けることができていないのだと。その問題を解決するために、デヴェロッパーやデザイナーとともにプロダクト開発をしようと思ったことがキャリアの転身のきっかけです。

ただ、実はわたしは子どものころからコンピューターにのめり込んでいるタイプだったのです。パソコンオタクの父の影響で、7歳のときにはコンピューターを触っていましたから(笑)。コンピューターやインターネットは「世界とつながる窓」のようなものだと思っていましたが、当時のわたしにとってそれはおもちゃで、そのころの体験がこうしてキャリアにつながるとは考えてもいませんでしたね。

melissabell02

法律家の家系だったため、自身もロースクールで法律を勉強するために地元サンフランシスコからニューヨークに移った2週間後に9.11が起きたという。「何もできない自分の非力さを感じた」と振り返るメリッサは、法律の道に進まないことを決意。やりたいことを探すための数年間の旅を経たのち、ジャーナリズムという天職を見つけた。「人々のストーリーを伝え、人々がわかり合うことを助けることができれば、彼らが争うことを少しでも減らすことができるでしょう」

──Vox.comが生まれたストーリーを教えてください。「Explain the news」というコンセプトはどのようにして思いついたのでしょうか?

『ワシントン・ポスト』でオンラインコラムのディレクターになったあと、当時同紙で「Wonkblog」というコラムを書いていた人気コラムニスト、エズラ・クラインと一緒に働くことになりました。書き手の彼とディレクターのわたしはいいコンビになって、彼のコラムのためにテクノロジーをどう使えるか、読者にどう届けることができるかということを一緒になって考えたものです。

「彼のコラムをひとつのメディアにして、もっと大きくすることはできないか?」

あるときから2人でそんな話をするようになりました。いくつかのことは最初からはっきりとわかっていました。例えば、彼のコラムはオバマケアなどの政策に関する複雑なトピックを、シンプルに、会話調で、わかりやすく説明するものであること。そしてわたしたちは、それを政策だけでなく、テクノロジーやカルチャーといった領域にも広げていきたいと思っていたこと。オンラインならではの特徴を使って、その内容に適した新しいニュースのフォーマットがつくれるはずだということ。

そうしたことを話すなかで、「新しいニュースを理解するために、いつでもそこにあって好きなときにアクセスできるもの」がつくれないかと考え始めました。多くの報道機関は「何が起きた」かは伝えるけれど、「なぜ起きたか」は丁寧に教えてくれません。これほど大量の情報があるなかでニュースの背景の説明が足りていないことが、読者を混乱させてしまっていると思ったのです。

わたし自身も記者として働いていたときは、いま世界で何が起きているかを理解していたのに、ディレクターとしてプロダクト開発の仕事を始めてからすぐに、何が起きているかがまったくわからなくなってしまったという経験がありました。自分は『ワシントン・ポスト』のジャーナリストなのに世界のニュースがわからない…そんな状況を恥ずかしく思ったものです。読者がそうした状況に陥らないための場所をつくりたい──。そんな想いからVox.comが生まれることになりました。

RELATED

──いまやVox.comのアイデンティティとなっている「カードスタック」というアイデアは、どこから生まれたのですか?

学生のときに使っていたノートカードからアイデアが生まれました。TPPやオバマケアといったことについて教えてくれる賢い友達が隣にいて、ノートカードを使いながら質問に一つひとつ答えてくれたらどうだろうってね。

そしてこのカードスタックは、同時に記者にとっても助けとなります。記事を書くときは普通、いま起きたばかりの最新のニュースと同時に、その前提となるバックグラウンドも説明することになります。カードスタックはカードを追加することでアップデートできるようになっているので、毎回毎回共通のバックグラウンドを書かなくて済むのです。

──Vox.comの創設から2年が経ち、いまではヴォックスメディア全体のグロース・分析担当ヴァイスプレジデントを務めています(ヴォックスメディアは『Vox.com』のほかに、『The Verge』や『Recode』など計7媒体をもつ)。現在はどのようなことに取り組まれているのでしょうか?

オンラインで質の高いジャーナリズムを行うことはできるか? それを支えるビジネスモデルをつくることができるか? 5年前だったらまだ誰も正解がわからなかったこれらの問いに、わたしたちは答えてこれたと実感しています。その段階を通過したいま、チャレンジはもっとクリエイティヴなものになっています。

なかでもわたしが常に考えなければいけないことは、「読者が情報を得るための最もいい方法は何だろう?」ということです。例えばわたしは、14歳の従姉妹がスマートフォンでほとんどメッセージアプリの「Snapchat」しか使わないということ、そして彼女を含めた若い世代にどうニュースを届けることができるかということを考えなければいけないわけです。わたしは実際に自分でもSnapchatを使い始め、『Vox.com』でもSnapchatのチャンネルをつくったのですが、それはとてもうまくいっていますよ。

「なぜオバマはアメリカ史における重要な大統領なのか?」を解説するヴィデオ。『Vox.com』はカードスタックのほかにも、動画やインフォグラフィックを使ってニュースを解説している。

──メディアや記事の評価についてはどう考えていますか? PVがいまだに多くのメディアの指標として使われている一方、例えば『Medium』のエヴァン・ウィリアムズはTTR(Total Time Reading)が重要と語っているように、滞在時間やエンゲージメントを指標とする動きも増えてきているように思います。

わたしたちが評価について最も重要視していることは、決してひとつのモノサシで測らないということです。つまり、異なる評価軸を組み合わせるということ。PVでも滞在時間でも、ひとつの評価軸しかもっていないときには多くの情報を見逃してしまうことになるからです。

どんなプロジェクトを始める前にも、わたしたちはそのプロジェクトにおける成功とは何だろう?ということを考えます。例えば、米国の病院で適切な治療が行われているかどうかを調べる調査報道を行うとします。そのときの成功とは、病院で行われている不正を正すこと、わたしたちが書いた記事によって病院がその振る舞いをよりよいものに変えることです。

その場合、より多くの人々に記事を読んでもらわなければいけないので、もちろんPVも大事な指標になりえます。しかし本当に大事な結果とは、人々が問題に気づき、実際に病院のあり方が変わることです。それらは決して、ひとつのモノサシでは測れないのです。

わたしたちの編集部には「アナリティクス・エディター」と呼ばれる人々がいて、常にこうした複数の指標によって記事やメディアの影響を見るようにしています。読者は『Vox.com』にどれくらい好感度をもってくれているか? 一度サイトを訪れてくれた人がまた読みに来てくれているか? ソーシャルメディア上で人々はどのくらい『Vox.com』の記事について話しているか? こうしたことがすべて重要な指標になるのです。

──最後に、メリッサさんがこれからのオンラインジャーナリズムについてどう考えているのかを教えてください。

わたしたちは、オンラインでいかにジャーナリズムを行っていくべきかということを理解し始めたばかりだと思います。テレビや新聞、ラジオといったメディアでジャーナリズムがつくられてきた年月に比べれば、オンラインジャーナリズムはまだ始まったばかりであり、これからそのあり方を考えていく時間はたっぷりとあります。

オンラインというのは、ウェブサイトだけを意味するものではありません。動画、メッセージアプリ、Snapchatなどのソーシャルメディアから、Amazon Echoのような人工知能スピーカーまで。いまはそれらの異なるフォーマットを使ってどんなストーリーテリングができるかを考えることができる時代であり、それはとてもわくわくすることです。

喜ぶべきニュースは、いま、ますます多くの人々がストーリーを求めているということ。だからこそわたしたちは、素晴らしいストーリーテラーでなければいけません。素晴らしいストーリーを正しく伝えれば、かつてないほど多くの人々に届けることができる時代なのです。

melissabell03