1トップを張れる屈強な日本人FWは見当たらない。であれば、「2トップのほうが良いんじゃないか」と中村は言う。(C) Reona Takenaka

写真拡大 (全3枚)

 現在の日本代表に合うFWとはどんなタイプなのか。そして世界を見据えたうえで必要なFW像とはどんなものなのか。

 攻め込みながらも1得点に留まり、逆転負けとなったボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦。その翌日の練習後、中村憲剛に聞くと、こんな答えが返ってきた。
 
「ハリルホジッチ監督が、なにを求めているかだと思います。オカ(岡崎慎司)を1トップにしていますけど、彼にロングボールを集めて、そこに頼るようなサッカーをするというわけじゃないですよね」
 
 まず指揮官が求めているサッカーありきでFW像も考えるべきというのが、中村のスタンスである。現状のファーストチョイスである岡崎の能力と実績に疑いはないが、ピッチで展開されているサッカーでは彼の得点力を生かし切れているとは言い難い側面もある。

 ならば、彼の1トップにこだわる必要もないのではないかと口にする。
 
「例えば、ボスニアの1トップだったジュリッチのようなタイプは日本にいないですよね。一人で立ち向かえるFWはなかなかいない。だったら意外と2トップのほうが良いんじゃないですか。オカだって、レスターではバーディーとの2トップを組んでいるんだから」
 
 そうした組み合わせや配置に関しては、ハリルホジッチ監督が吟味していく仕事になるだろう。ただそういった議論を超えて、今後、世界と戦っていく上でチームに中村自身が日本代表に必要だと感じているものがある。それが、「絶対的なエースFWの存在」である。
 
「今の代表はまんべんなく点が取れるチームと言えるかもしれないですけど、苦しい時に頼れるエースがいないですよね。(ボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦のような)競った試合になると、『誰が点を取るの?』という状態になってしまった。カードが豊富すぎて、絶対的な選手がいないことで難しくなっているのだと思います」
 
 7得点を奪ったブルガリア代表戦で複数得点を挙げたのは、MFの香川真司とCBの吉田麻也である。攻撃のバリエーションが豊富になるに越したことはないが、それはしっかりとした軸があってこその話でもある。

 続くボスニア戦では、手詰まりになった時間帯が続くと、点がほしい時に頼るべき存在が見当たらなかった。それゆえに中村は、前線の主役の必要性を訴えるのである。
「やっぱりFWが主役じゃないとサッカーは点が取れないと思っています。もしFWを脇役にするなら、ザックさんの時の(前田)遼一のように、2列目を生かすための1トップで戦うほうに舵を切ればいいと思うんですよ。でも今の代表は、誰が点を取ってというイメージがあまりないですよね。だったら、ゴールのことしか考えてないゴリゴリの選手がいてもいいんじゃないかな。

 ウチだったら、ヨシト(大久保嘉人)がそうですし、相手のボスニアも、18番のジュリッチが点を決めることから逆算してカウンターで攻めていましたよね? そういう選手が前にいると、チームとして誰が点を取るか、というところで集約されるんですよ。例えば、もしオカをエースにするんだったら、オカを歯車の一部じゃなくて、チームの主役にするぐらいにしたほうがいい」
 
 日本でのFWは、ゴールを決めなくても評価されることもある。あるいは、FWに点を取らせるお膳立てをした中盤のほうが評価されることも珍しくない。

 他ならぬ中村憲剛自身がそういう評価を受けてきた中盤のプレイヤーなわけだが、その彼が口にした「もっとFWを軸にしたサッカーをしてもよいのでは?」という提言。世界で戦うには、FWを主役にするという発想が必要なのかもしれない。

取材・文:いしかわ ごう(フリーライター)