大野拓朗がグイグイきてる!「セカンド童貞」って本当?
 2016年、絶対くる――。イケメン評論家・沖直実さんがそう力説しているのが、俳優の大野拓朗(27)。

「え、誰だよ?」と思った人も多いかもしれませんが、放送中の朝ドラ『とと姉ちゃん』で清役を演じている俳優です。高身長で王子様のような男性がテレビに映っていたらそれは大野拓朗かもしれない、というくらい最近しょっちゅうテレビに出ています。

 大野拓朗とは、一体どういう人なのでしょうか。

◆ミスターコンテストの常連

『SPEC〜零〜』(13年、TBS系)、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』(15年)、『LOVE理論』(15年、テレ東系)、NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』(放送中)など、数々のドラマや映画、バラエティ番組に出演している大野拓朗。高校時代は3年連続ミスターコンテストで優勝、進学した立教大学では「ミスター立教」(09年)と、イケメンらしい生活を送ってきました。

 デビューのキッカケは、10年に所属事務所の「ホリプロ」が開催したオーディション。当時21歳だった彼は当然優勝し、「恐縮ながら木村拓哉さんの若かりし頃に似てるって言われます」(10年1月31日付、オリコン)と話していました。

◆経験人数はまさかの●人!

 そんな彼ですが、恋愛面は意外と奥手のよう。10〜12年までレギュラー出演していたバラエティ番組『心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』(日テレ系)で、「今まで8人と交際して、経験人数は1人だけ」と告白したといわれています。

 にわかには信じがたい話ですが、そんな大野拓朗の理想の女性とは? 11年に行われたインタビューで、こう答えていました。

===========
「女性に求めるのは、まずは尽くしてくれること! 料理も洗濯も全部やって、自分を立ててくれる人が理想です」

「洗濯して畳んでおいてほしいけど、コーディネートは自分で決めたい」

「好きな人の悩みは何時間でも聞いてあげたい。でも、それには僕の生き方をリスペクトしてくれていることが前提です。悩みへの答えは、今まで生きてきた僕自身の経験から出てくるものだから」

2011年7月27日発行『anan』(マガジンハウス)より
=========

 イケメンしか許されない発言。しかし一瞬、内面までキムタク似なのかな? と思ったのは筆者だけでしょうか。

◆セカンド童貞を告白

 快進撃が続く大野拓朗の連ドラ初主演作といえば、テレ東の深夜ドラマ『LOVE理論』。モテることだけを夢見て茨城から上京してきた、冴えない童貞大学生・今田聡を演じました。

「僕、実は“セカンド童貞”なんです。ドラマの中では“童貞役”なので、演じる今田聡君とともにLOVE理論を身につけ成長し、恋の相談をしていけたらいいと思います」(15年3月19日付、テレビドガッチ)

 信じるかどうかはアナタ次第です。

◆映画、ミュージカルと大忙し

 放送中の朝ドラ『とと姉ちゃん』では、キザでため息をつきながら自慢話をする若旦那・清を演じています。「人懐っこい系」でポジティブな大野拓朗としては、このウザキャラは意外にも自分に通ずるものがあったとか。

 朝ドラといえば、若手俳優の登竜門的存在。ここからグーンっと知名度を上げてほしいものです。
 7月には3番手でクレジットされている映画『ホーンテッド・キャンパス』や、17年にはミュージカル初主演作『ロミオとジュリエット』が控えています。ということは、番宣でますます露出する可能性アリ。

 88年生まれの同学年には松坂桃李、佐藤健、三浦翔平など、売れっ子俳優が多数。彼らに続いてブレークしてくれることを祈ります!

<TEXT/女子SPA!編集部>