ミュージカル「ちびまる子ちゃん」が6月14〜15日に陝西省西安の舞台に現れ、再び「ちびまる子ちゃん」ブームを巻き起こそうとしている。

写真拡大

かわいくてユーモラス、おかっぱ頭で身長はお姉ちゃんの半分しかないちびまる子ちゃんは中国の多くの人々に楽しみを与えてきた。この素直でお茶目、時には間違いを犯してしまう女の子はその独特な魅力で様々な世代の子どもたちを魅了してきた。そして漫画からアニメへ、そしてミュージカルへと「ちびまる子ちゃん」は姿を変え、6月14日と15日に陝西省西安のソフィテル西安人民大廈大劇場の舞台に現れ、再び「ちびまる子ちゃん」ブームを巻き起こそうとしている。華商報が伝えた。

今回のミュージカルは「アジア一のマスクプレイミュージカル劇団」と言われている日本の劇団飛行船による「本場仕込み」の作品となっており、まるちゃんは2次元の世界から舞台へ飛び出すが、原作のもつユーモラスで心温まる雰囲気そのままで、まるちゃんのかわいさやおちゃめさも少しも損なわれていない。

1966年に生まれた劇団飛行船は180人以上の劇団員をかかえ、劇団員全員がバレエや体操の素養を備えている。公演は毎回精巧なマスクをかぶり、特殊な衣装や道具を身に着け、生き生きとしたイメージを観客に与え、楽しませてくれる。今回出演する約20人の劇団員はいずれも優秀なベテランで、役柄の衣装デザインはもちろん、まるちゃんからおじいちゃん、おとうさんなどの役柄も忠実に原作を再現している。音楽とダンスを組み合わせたショーに、舞台を見た観客はその子供時代を思い出すに違いない。(提供/人民網日本語版・編集/TG)