写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは6月8日、主にEコマース・サイトにおいて、人工知能(AI)により利用客ごとに合った商品やキャンペーンの案内が可能な「ecコンシェル」を法人向けに提供開始した。価格は「ライトプラン」の場合は無料。

同社は新サービスについて、オープン・イノベーションの取り組みの一環としてPKSHA Technologyと共同開発し、2015年7月からEコマース・サイトなどで試験的に導入してきた。その結果、購入率が20%、顧客単価が50%向上するなど一定の効果が得られたことから、法人向けサービスとして提供を開始する。

従来Eコマース・サイトでは、購入に至るまでの集客費用に見合った購入率が得られていないことや一度サイトを訪問した利用客の多くが再訪問していないこと、スマートフォンの普及に伴うモバイル対応サイトでの顧客体験の質の向上などに課題があったという。

同サービスはクラウド技術を利用しており、管理サイトで発行するJavaScriptのコードをWebサイトに埋め込むだけで、すぐにサイト上での販売促進施策を実施できる。また、人工知能により、サイト内のアクセス・ログや購買履歴など各種データの解析結果に基づき、利用客の行動に応じた販売促進施策の展開が自動で可能といい、購入率やサイトへの再訪問率の向上に繋がるとしている。

例えば、Webサイト内を回遊している来訪者に購入割引クーポンを配信したり、特定のページを何度も訪問している利用客に特定ブランドや商品のキャンペーンを自動で配信したりすることで、費用を抑えて購入率を高めることに繋がるという。

さらに、実際に購入に繋がった利用客の属性に似た来訪者に対しても、同様の案内を自動で行うことも可能とのことだ。同社は今後、同サービスを通じてEコマース・サイトでの買い物における顧客体験の質を実店舗での接客のように高めることで、Eコマース・サイトの発展に取り組んでいくとしている。

同サービスの料金プランは以下の通り。

(山本善之介)