9日、中国海軍の艦艇が尖閣諸島周辺の接続海域に入ったと報じられた問題に関し、中国国防部がコメントを出した。資料写真。

写真拡大

2016年6月9日、中国海軍の艦艇が尖閣諸島周辺の接続海域に入ったと報じられた問題に関し、中国国防部がコメントを出した。環球時報が伝えた。

日本政府は9日未明、中国とロシアの艦艇が同接続海域に入ったと発表した。外務省の斎木昭隆事務次官は中国の程永華(チョン・ヨンホア)駐日大使を呼び、厳重抗議を行っている。

この問題をめぐり、中国国防部は「一連の報道に関心を寄せている」とした上で、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)とこれに付属する島しょは中国固有の領土だ。中国の軍艦が国の管轄海域を航行することは合法で理にかなっている。他国に口出しする権利はない」と反発。「報道で伝えられた情報について把握を進める」と表明した。同紙によると、国防部はこのコメントに合わせて端午節(端午の節句、今年は6月9日)を祝うメッセージも出し、「この言葉を中国人、日本人に贈る」とした。(翻訳・編集/野谷)