写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ACCESSは6月8日、IoTゲートウェイ機器上で動作し、センサーをはじめとする各種入出力機器を束ね、データの収集・出力を司るマネージド・エッジ・コンピューティング・エンジンである「NetFront Agent」の提供を開始した。

新製品は、組み込みシステム向けブラウザである「NetFront Browser」の独自エンジンをベースに開発しており、省メモリ性、移植性、拡張性を特徴としている。IoTゲートウェイに同製品を搭載することで、BLEやWi-SUN、Wi-Fiといった異なる無線通信規格に準拠したセンサーなどIoT機器が発信するデータを集約し、IoTクラウド・インフラへ送信する。

事業者は、クラウド上のデータをPCで可視化したり、同製品を介したIoT機器側の遠隔制御が可能。また、IoT機器が発信するデータの種類を同製品で絞り込みクラウド側へ送信することにより、クラウド・インフラ上の負荷を低減することもできるという。

例えば、工場施設内の産業機器をIoT化し、工場内に設置したゲートウェイに同製品を搭載することで、機器の稼働状況をオフィスのPCで確認するなどの使い方や、ケーブルTV事業者のセットトップ・ボックス(ゲートウェイ)を介して、冷蔵庫やテレビ、エアコンの稼働状況を外出先からスマホで確認・遠隔操作するといった付加価値サービスの提供も可能としている。

同社は同製品について、事業者が工場や商業施設、家庭に設置したIoTゲートウェイをインテリジェント化し、機器の自動保守点検・故障予知、工場の生産性向上、家電の遠隔操作や付加価値サービスの追加などを、開発コストを低減しつつ容易かつ迅速に創出可能にするとしている。なお、同製品の主な対象は、IoTゲートウェイを利用して家庭や工場/オフィス/ホテルなど施設のスマート化のための機器やサービス提供を目指す事業者となる。

(山本善之介)