8日、ロイター通信によると、米政府高官は北朝鮮が寧辺にある核施設でプルトニウムの生産を再開したと語った。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年6月8日、ロイター通信によると、米政府高官は北朝鮮が寧辺(ヨンビョン)にある核施設でプルトニウムの生産を再開したと語った。

北朝鮮・寧辺の核施設をめぐっては、国際原子力機関(IAEA)が6日、北朝鮮が核施設を再稼働させたとみられるとの見方を示していた。米政府高官が7日にロイター通信に語ったところによると、5メガワットの原子炉でプルトニウムを生産するための使用済み燃料棒の再処理を再開したという。専門家によると、5メガワットの原子炉で約6キロのプルトニウムが確保できるという。また、韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は、韓国が深刻な懸念をもって北朝鮮の核施設の動きを入念に注視していると述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「中国よ、目を覚ましてくれ。肥満の指導者は中国のすぐそばにいるんだ」

「手りゅう弾を持った赤ちゃんが歩き回っているという状況だな」

「最終的に北朝鮮は自分たちの国を爆破させてしまうだろう」

「中国はわがままな子供のお尻をたたくべき時が来た」

「中国が北朝鮮に対する支援をやめて、もっと責任ある行動をとらない限り、洗脳されたあの国に対する制裁は無意味だ」

「私たちの政府はこの件について何もしないだろう。北朝鮮はそのことを分かっている」

「ああ、この件に関する決定にトランプ氏が関わることがないようにしてくれ!」(翻訳・編集/蘆田)