6月9日、TOHOシネマズ新宿にて映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』イベントが行われ、主人公の声の吹き替えを務める藤原竜也さんが公開アフレコに挑戦しました。


『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は1996年に公開しメガヒットを記録した映画『インデペンデンス・デイ』から20年後を描いたSF作品です。

エイリアンとの闘いに勝利をおさめた人類でしたが、さらなる進化を遂げたエイリアンの侵略にもがき生き延びる様子を描きます。


(c) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

藤原さんは主人公のパイロット、リアム・ヘムズワース演じるジェイク・モリソン役を吹き替えます。


声優の仕事は経験がある藤原さんですが、改めて声優という仕事について、「楽しくも難しい作業だと思いました。難しいところは俳優さんの思いを汲んでも成立しないし、というところですね」と、一筋縄ではいかなかった様子。

そんな藤原さん、知る人ぞ知る宇宙&SF好きだそう。これまでに地球外生命体を見たことはないと語るも、先日とても惜しい出来事があったそう。

「先日、ホットドッグでも食べて帰ろうかなと思って、川崎のコストコに行ったら、上空に銀色の鉄板のようなものが停止してて。猛ダッシュで行ったら、何もなかったんですけどね……えっ、こんな話で大丈夫ですか(笑)?」と少年のように熱くSF愛を語りました。


さらには、藤原さんは、自身初めてとなるMX4D体験に挑戦。


大きく揺れ動く椅子には目を丸くしてみせ、さらに水が飛び出してくると「えっ、水が飛んできたよ!」と驚いた表情。


試乗後の感想では、「ポップコーンとか食えないね(笑)。ちょっとしたアトラクションのよう。疑似体験ができるんじゃないかなと思うから、豪華な映画にはぴったりのシートですね」と話しながらも「個人的には落ち着いて見たいです。作品に集中したいタイプなので」と、2D派だと明かしていました。


『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は、7月9日(土)より TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショーです。

【関連記事】

※ 有村架純、大先輩・藤原竜也の印象を語る「顔見るだけで笑っちゃう(笑)」

※ 赤西仁、サービストークかます「独立してお金がないわけじゃない」

※ 三代目JSB・岩田剛典に恋愛観をインタビュー!「運命の恋を信じたい」

※ 千葉雄大、女子にモテ仕草を指南「男は単純」

※ 菜々緒、山粼賢人に「2回ビンタした」