原宿駅の新駅舎外観イメージ(明治神宮側)/JR東日本提供

写真拡大

【東京観光/女子旅プレス】JR東日本は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、原宿駅及び、千駄ケ谷駅・信濃町駅の改良を発表した。近隣に国立代々木競技場があり、競技会場周辺駅の利用者増加が見込まれるため、利便性の向上を目指す狙いだ。

【さらに写真を見る】2020年までの完成を目指す原宿駅&千駄ヶ谷駅の改良イメージ

3駅合わせて総工費約250億円の投下を見込んでいる今回の改良工事。原宿駅には線路上をまたぐような形で2層の新駅舎を整備し、コンコース、改札口、トイレを拡張して混雑緩和を図るほか、新たにエレベーターを増設。

明治神宮側へ新たに出入口を造り、現在、年始のみ使用している臨時ホームを外回り専用ホームに。なお今回新設する外回り専用ホームは、通路で竹下口改札にも接続する。

◆千駄ケ谷駅・信濃町駅もより使いやすく


また千駄ケ谷駅に関しては、使用していない臨時ホームを新宿方面の専用ホームへと改良するほか、改札口やコンコースを拡張し、利用者の動線がスムーズになるよう新宿寄りに改札口を移設。

そしてホームドアを新設し、エレベーターの増設等に加え、バリアフリー設備やトイレを拡充・拡張する。信濃町駅もホームドアを新たに設置して、エレベーターの増設やトイレの拡張を実施していく。

なお、このほかにも有楽町駅、新橋駅、浜松町駅、日暮里駅、大井町駅、新木場駅等の改良も計画中だ。(女子旅プレス/modelpress編集部)