血圧が高めの人向け機能性表示食品、キユーピーアマニ油マヨネーズ

写真拡大

キユーピーは2016年6月17日、研究レビューをもとに消費者庁に届け出をした機能性表示食品として「キユーピー アマニ油マヨネーズ」を新発売する。

「アマニ油マヨネーズ」は、アマニ油を製品中に30%配合した、卵黄タイプのマヨネーズ。1日の摂取目安量15g(大さじ約1杯)あたり、α-リノレン酸を2.6g摂取できるように設計されている。

α-リノレン酸は、体内では作ることができず、食事から摂取することが必要な「必須脂肪酸」で、臨床試験では1日あたり2.6g摂取すると血圧が低下したという結果が得られているという。

α-リノレン酸を豊富に含むアマニ油は酸化しやすく、通常では マヨネーズ中に多く配合することが難しい油脂。キユーピーでは、製造工程中の酸素濃度を低減する技術や、酸素吸収層を含む多層容器「酸素吸収ボトル」を はじめ、マヨネーズのおいしさを高めるために培ってきた酸化を防ぐさまざまな工夫により、アマニ油の配合量を増やしながらコクのあるマヨネーズを開発することに成功したという。

200g入り、税込378円。

機能性表示食品は、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品で、販売前に安全性および機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官に届け出られたもの。特定保健用食品(トクホ)とは異なり、消費者庁長官の個別審査を受けたものではない。