博多大吉が過酷ロケ36時間で寝られず「みんな寝た方がいい」

写真拡大

8日放送の「たまむすび」(TBSラジオ)で、博多華丸・大吉の博多大吉が、過酷なロケで36時間寝られなかったと明かした。

番組では、赤江珠緒アナウンサーと大吉がお互いの近況を報告し合い、そこで大吉は「(今週は)もう、しんどかった」と本心を打ち明けた。その理由のひとつが「東野・岡村の旅猿」(日本テレビ系)のロケだったそうだ。

ロケは、旅館で海外ドラマのDVDを全20話見るという企画。打ち合わせでは、寝ていいですよ、誰かが見ていれば大丈夫ですと言われたが、大吉は「東野(幸治)さん、先輩が寝ないと寝れないですよ。後輩は」と、寝るに寝られず。しかも、先輩の東野が寝たら寝たで、誰かがドラマを見ておかなければならず、余計寝られない、寝ても寝なくてもどっちも地獄だったとか。

ロケ後、大吉は「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)と特番の収録があり、「36時間くらい寝れずにやりましたよ」と過酷ロケの実態を明かした。最後に「寝てない自慢をする気はない。ただみんな寝たほうがいい!」と締めくくった。

【関連記事】
SMAP・中居正広の多忙さに博多大吉が驚愕「久しぶりに6時間も寝られる」
博多大吉が20代のとき女性に宛てた手紙 恥ずかしい文面に動揺隠せず
岡村隆史の私服がダサいことが原因で急きょロケの予定が変更に