ブドウなしでワインをつくろうとしているスタートアップ

写真拡大

サンフランシスコのスタートアップ、Ava Wineryは、イタリアのモスカート・ダスティや有名なシャンパン、ドン・ペリニョンの合成クローンを研究している。

「ブドウなしでワインをつくろうとしているスタートアップ」の写真・リンク付きの記事はこちら

約15分で水をワインに変化させる。いや、これはなにも「キリストの奇跡」の話ではなく、サンフランシスコのスタートアップ、Ava Wineryによる公約だ。彼らは合成ワインを生産し始めようとしていて、その生産プロセスにおいてはブドウを1粒たりとも用いることはなく、ワインが製造され、瓶詰めされる。

この興味深いアイデアを生み出したのは、マードン・チュアとアレック・リーの2人だ。彼らは、とある展示会で権威あるカリフォルニアのシャルドネのボトルを見たあとで──その値段が彼らの財布でどうにかなるものでなかったのは言うまでもない──、その忠実で低コストなコピーをどのようにして実現するかを考え始めた。

あらゆる偽造モノに共通する基本プロセスに従い、彼らはまず、ワインをあらゆる構成要素に分割することから始めた。熟練のソムリエと、ガスクロマトグラフィー(気化しやすい化合物を分析する手法)から質量分析法までさまざまな種類の分析を用い、彼らはシャルドネ、ピノ・ノワール、さらにはシャンパンの特徴を分析した。匂いや味などのワインの性質のそれぞれを決定づける分子が分類され、計量された。

さまざまな香料を、適切な量の水とエチルアルコールと正しく組み合わせることにより、Ava Wineryの創業者たちは、イタリアのモスカート・ダスティ(発泡性の白ワイン)に十分に忠実なコピーをつくり出すに至った(少なくとも、チュアとリーはそのように主張している)。彼らはすでに、この合成のプロセスによってドン・ペリニョンのコピーをつくる研究をしている。

完成した「ワイン」の試飲。レヴュアーたちは、ワインの濃さや実際の味の深い分析に入ることすらせずに、オリジナルにあまり忠実ではない色と、かなり粗雑に再現された泡について指摘した。そして、偽物の花や果実のような風味の背後にプラスチックのにおいが隠れていることを報告している。