防衛省は9日、中国海軍の艦艇が尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺の接続水域に侵入したことを確認したと発表した。発表によれば、中国海軍の艦艇が日本の接続水域に侵入したのは9日午前12時50分ごろで、9日午前3時10分ごろに日本の接続水域から出域した。中国海軍の艦艇は出域した後に北に向けて航行したという。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 防衛省は9日、中国海軍の艦艇が尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺の接続水域に侵入したことを確認したと発表した。発表によれば、中国海軍の艦艇が日本の接続水域に侵入したのは9日午前0時50分ごろで、9日午前3時10分ごろに日本の接続水域から出域した。中国海軍の艦艇は出域した後に北に向けて航行したという。なおロシア海軍の軍艦艇も同日同時刻に侵入し、出域している。

 中国海軍による侵入に対し、外務省は、「齋木昭隆外務事務次官が9日午前2時ごろに程永華(てい・えいか)駐日中国大使を外務省に召致し、重大な懸念を表明して抗議した」と発表。さらに日本の接続水域から「直ちに出域するよう」求めたと発表した。

 中国海軍の艦艇が尖閣諸島周辺の接続水域に侵入した意図は現時点で不明で、中国外交部や中国国防部などの公式サイトにおいても、9日午前11時時点で当件に対する公式な見解等は掲載されていない状況だ。

 また、中国の各メディアは日本国内の報道を引用、紹介するにとどまっている。中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報(電子版)は9日、日本国内の報道を引用して伝えつつも、中国外交部の従来からの見解として「釣魚島は中国固有の領土である」と主張。

 さらに、「釣魚島の主権が中国にあることには、歴史的、法的な根拠がある」としたうえで、中国海軍の艦艇が尖閣諸島周辺を航行するのは「正当な行為」であるとの見方を示した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)