8日、韓国の市民団体は元慰安婦を独自に支援する「正義と記憶財団」を創設すると明らかにした。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年6月8日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国の市民団体は同日、韓国政府が昨年末の日韓合意に基づき、元慰安婦を支援する財団の設立準備委員会を発足させたことに対抗し、元慰安婦を独自に支援する「正義と記憶財団」を創設すると明らかにした。

「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」は、政府の財団に対抗するため、「10人以上の市民が参加する『正義と記憶財団』を立ち上げる」とし、「慰安婦の歴史を記憶し、再発を防止するための活動をしていく方針だ」と明らかにした。財団には韓国の教会も参加するという。韓国基督教長老会は同日、財団創設のために全国の教会から集めた献金を挺対協に渡した。元慰安婦の吉元玉(キル・ウォンオク)さんは、「国を正せるよう協力してほしい」と訴えている。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「元慰安婦らが納得しない合意は認めない」

「非常識で屈辱的な日韓慰安婦合意がどのように成立したのか、その背景が気になる」

「たった10億円で元慰安婦の魂を売るなんて!100億円ならまだしも…」

「大統領府と外交部を除いた全国民が支持、応援している!」

「元慰安婦が本当に望んでいることなのか?か弱いお年寄りをこれ以上苦しめるな」

「慰安婦問題に関して政府を批判することが良いこと、尊敬されることと勘違いしている人が多い」(翻訳・編集/堂本)