8日、中国の警察は少々手荒だが、この動画では中国の私服警官らが車で逃げようとする強盗犯を捕まえるために車を取り囲み棒で破壊する場面が映っている。警官らが手荒で私服だったため、ネットでは「まるでヤクザの抗争」との声も聞かれている。資料写真。

写真拡大

2016年6月8日、中国の警察は少々手荒だが、この動画では中国の私服警官らが車で逃げようとする強盗犯を捕まえるために車を取り囲み棒で破壊する場面が映っている。警官らが手荒で私服だったため、ネットでは「まるでヤクザの抗争」との声も聞かれている。

中国メディアの報道によると、車を破壊していたのは北京市の私服警官で、車で逃げようとしていたのは強盗グループ。強盗犯の6人は刃物を手に高価なアクセサリーを身に付ける人をターゲットに犯行を行っていたという。

警官らは大声を上げ強盗犯をののしりながら車を破壊。さらに、強盗犯を車から引きずり出すと棒でめった打ちに。手錠をかけられ道路に伏せている強盗犯を足で踏みつける場面や警棒でたたく様子も映っている。私服警官の激しい攻撃に強盗犯からは泣き声が漏れていた。(翻訳・編集/内山)