日本には数多くの外国人が住んでいる。法務省によれば、2015年末時点の在留外国人の数は約223万人に達し、国籍・地域別で見た場合は中国人が66万5847人で最多となった。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本には数多くの外国人が住んでいる。法務省によれば、2015年末時点の在留外国人の数は約223万人に達し、国籍・地域別で見た場合は中国人が66万5847人で最多となった。

 留学だったり、日本人との結婚だったりと、在留資格は人それぞれだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、なぜ日本在住の中国人女性は中国に戻ってこないのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、日本在住の中国人のうち、「日本を気に入っている人の割合は男性に比べて、女性のほうが多い」と指摘し、中国への帰国と日本での継続滞在を選択する場合、「中国人女性は圧倒的に日本滞在を選ぶだろう」と論じた。

 続けて、なぜ中国人女性は中国に帰国したがらないのかと疑問を投げかけつつ、1つ目の理由として「中国では主婦でいることが容易ではないからではないか」と主張。中国では残留農薬など食の安全問題がクローズアップされているが、確かにスーパーで食べ物を購入することだけでも気をつかう必要がある。幼い子どもがいれば、気苦労は絶えないだろう。

 さらに記事は、「中国は衛生条件が悪すぎること」や、「中国では何をするにも人に頼る必要があること」を挙げている。日本で暮らしていれば、中国の衛生状況が悪いと感じるのも当然だ。中国が悪すぎるということもあるが、それ以上に日本が清潔すぎるのかもしれない。

 また、日本では地位や立場、性別や年齢にかかわらず、一定の公平さが担保された社会が構築されているが、中国では今なお「賄賂」によって成り立つ社会と言っても過言ではない。何をするにもコネがモノを言う社会であり、有力者の口利きさえあれば何でも順調に事が運ぶのだが、逆に言えば、コネがなければ何でも後回しにされてしまう可能性があるということだ。日本で暮らし、日本の便利さ、清潔さ、公平さを体験すれば、住み慣れた祖国であっても、容易に帰国したいとは思わないのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)