モコモコの泡でつくる「3Dアート」が楽しそう♪ 市販の泡ハンドソープでお絵かきできるペンが発売されるよー!

写真拡大

3D全盛期の昨今。これからは “泡” で3Dアートを楽しめる時代になるらしいですよ、みなさん。

7月16日(土)に販売開始される新商品「あわモコ3Dペン」(税込2678円)は、市販の泡ハンドソープで3D作品を作ることができる優れモノ。

泡なので、30分ほどで姿は消滅。長く保存することはできませんが、だからこそ気軽に創作活動ができちゃう! 子供はもちろん大人もがっつりハマってしまうであろう、ありそでなかった画期的なアイテムなんです。

【小さな子供でも取り扱いラクラク♪】

電池で動く「あわモコ3Dペン」の使い方はとっても簡単。泡ハンドソープをペンのタンクに入れたらボタンを押す、たったこれだけ!

【「あわモコ3Dシート」とセットで使うと、さらに楽しい!】

泡は粗いものから細かいものまで調整が可能で、お絵かきにスタンプ遊び、キャラ作り、泡アート作りなどなど、なんでもござれ。なお同時発売される「あわモコ3Dシート」(税込各734円)を使うとさらに大きなもの、形の凝ったものを作ることができるんですって。

フェルトのパーツを組み合わせてさまざまな動物の形を制作、できあがったものに泡を乗せて “泡アート” を作ることができる「あわモコ3Dシート」も一緒にゲットすれば、作品の幅が広がること間違いなしよ。

【残念! 防水じゃないんです】

「3D」という響きに、未来を感じるこちらのアイテム。手軽だし、遊びがいがありそうだけど、1つだけ残念なところが。なんとこちらの商品、防水ではないというのです。

泡で遊べるということはすなわち、お風呂の中でもガンガン遊べると想像したのは、きっと記者(私)だけではないはず。これについては、ちょっぴり “肩すかし” をくらったような気分。

国内の玩具および雑貨を取り扱う店舗、またはショッピングサイトにて販売される「あわモコ3Dペン」。7月に登場する商品も楽しみだけれど、ゆくゆくは、防水仕様の新バージョン開発にぜひとも踏み切ってほしい……! 今後の展開にも、大いに期待しておりますよぉ!

参照元:アットプレス
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る