画像

写真拡大 (全2枚)

 電通アイソバーのメッセージ配信プラットフォームサービスとLive Personのウェブ接客サービスが連携。LINE公式アカウント上でOne to Oneでのチャットコミュニケーションを可能とする機能が開発された。

 電通アイソバーのメッセージ配信プラットフォームサービス「TONARIWA(トナリワ)」とLive Personのウェブ接客サービス「Live Engage」が連携。企業と顧客のOne to OneコミュニケーションをLINE公式アカウント上でシームレスに実現するチャットコミュニケーション機能が開発された。

 「TONARIWA」は、LINEビジネスコネクトを利用してOne to Oneコミュニケーションマネージメントを可能にするサービス。セグメント配信やアナリティクスなどの機能を持つ。一方、「Live Engage」は様々なチャネルを通して、消費者とのインタラクションを行えるクラウド型プラットフォーム。

 両社のサービスが連携することで、顧客からの問い合わせをLINE上でも対応することができるようになるため、従来のウェブベースのチャットサービスと比べ、企業と顧客のコンタクトポイントがよりシームレスになり、顧客のニーズや特性に応じたカスタマーサービスを実現することが可能となる。

MarkeZine編集部[著]