やっぱり理解不能!ママが「息子との距離」をグッと縮める裏テク4つ

写真拡大

女の子に比べてママにべったりなのが男の子。なんで、あんなにまとわりつくのか分かりませんが、どんなに怒られても男の子にとってママは女神なのです。

ママとの距離が近い子は、心が安定していて幼稚園や学校でも頑張れる子が多いといいます。しかし、異性ということもあり、ママには男の子が理解できない部分もたくさんありますよね?

どうやって男の子と接したら良いのか悩んでいる、もしくは「男の子は異星人!」と開き直っているママも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、『WooRis』の過去記事や海外の情報サイト『Quick And Dirty Tips.com』などの記事を参考に、“男の子との距離をグッと縮める裏技”を4つご紹介したいと思います。

 

■1 : 2人の時間を作る

ぜひ、息子と2人きりで話をする時間を意識して作ってください。

習い事の送り迎えの車内でもいいですし、寝る前の絵本読みの時間でも構いません。子どもがリラックスできる空間で、どんな内容でも良いので子どもの話に耳を傾けてください。

どうしても、親の方から子どもにいって聞かせたいことがたくさんあると思うのですが、ここでは聞き役に徹してください。

自分の息子がどんな考えを持っているのかを知る絶好のチャンスですよ。

 

■2 : 共通言語を持つ

たとえば、戦隊モノの必殺技、キャラクターの名前など、その子のはまっている世界を共有するのです。

普段、子どもが一生懸命そのような話をしてきても、適当に相槌を打ってながしているママが多いと思いますが、それをしてしまうとせっかくの息子との会話のチャンスを失ってしまいます。

ママが話に乗ってくれれば、子どもだって簡単に心を開いて学校での様子を聞くこともできますよ。

 

■3 : 気持ちを代弁してあげる

女の子に比べて精神的にも幼く見える男の子。自分の感情をきちんとママに伝えるのも苦手です。 なので、怒りや不安を感じた時に上手に伝えられず、暴力的になる等、激しい態度でママに向かってくるのです。

そんな時こそ、寛容に彼を受け止めてあげてください。そして、彼がどういう感情を心に抱いているのかを一緒に考えて代弁してあげてください。そうすることで、子どもは落ち着きを取り戻すでしょう。

さらに、「ママならそういう時にはこういう風にするかな」と良いお手本になってあげれば、あなたへの信頼感も増すに違いありません!

 

■4 : スキンシップ

きっとみんな照れると思いますが、男の子はママに抱っこされるのが大好きなのです。そうされることで自分は愛されているんだ、大丈夫なんだ、と思うことができ、自己肯定感につながります。

ぜひ、手をつないだり抱擁したりして、ママはぼくにとっての安全基地なんだ、ということを教えてあげてください。

 

以上、“男の子との距離をグッと縮める裏技”をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ママとの絆がしっかりとできている子は、安心して外の世界へ出ていけるといいます。男の子は分からない! と諦めずに、今日からできることからはじめてみませんか?

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ ママが男の子に教えるべき「人付き合い」のたった1つの秘訣

※ 2位頼りになる!わが子が「男の子で良かったと思う瞬間」1位は

※ 「落ち着きのない男の子」の方が実は将来有望な理由とは

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 9割が効果を実感!辛い食事制限ナシの「青汁ダイエット」が話題

※ 要注意!今話題の「あのダイエット」であなたが痩せない理由

※ 今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

 

【姉妹サイト】

※ 「まぶしすぎるママ雑誌」と現実では決定的に異なるポイント4つ

※ あー大嫌い!「姑のムカつく行動」2位子育てにダメ出し、1位は

 

【参考】

※ 4 Ways to Strengthen the Mother-Son Bond - Quick And Dirty Tips.com

※ 7 things you should avoid doing in front of your kids - the Asian parent

 

【画像】

※ Halfpoint / PIXTA(ピクスタ)