動画の視聴や4Kアップコンバートなどコンパクトボディに機能満載

写真拡大

ソニーは、ブルーレイディスク(BD)プレーヤー「BDP-S6700」を2016年6月18日に発売する。

限られたスペースに設置できるコンパクトボディに、1秒以下の高速起動、高速ローディング機能を搭載。直感的な操作が可能なホーム画面を備える。

同社によれば業界初だというBluetooth送信機能を搭載し、Bluetoothヘッドホンなど対応機器を使用して、ワイヤレスで映画や音楽を楽しめる。ビデオ音声やCDを超える高音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源などをワイヤレスでも高音質で再生可能なオーディオ電送技術「LDAC」に対応する。

無線通信帯域拡大技術「MIMO」とデュアルバンド(2.4/5GHz)対応無線LANを搭載。「NETFLIX(ネットフリックス)」や「YouTube」、「Amazonビデオ」などの動画配信サービスの視聴が可能。DVDやBDに加え動画配信の映像も4Kアップコンバートが可能で、4K液晶テレビと組み合わせればより高画質で楽しめる。

ホームネットワークを使用して別の部屋の対応機器へ音楽を飛ばせる「SongPalLink」に対応する。

「ソニーストア」での直販価格は1万9880円(税別)。