多くの中国人旅行者が日本を訪れるようになったが、現在は買い物が主要な訪日目的となっている。だが、これからはただ旅行するだけではなく、子どもたちに異文化を体験させる目的で日本を訪れる中国人も増えるかも知れない。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は「小さな子どもを連れて」訪れるべき国であるとの記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 多くの中国人旅行者が日本を訪れるようになったが、現在は買い物が主要な訪日目的となっている。だが、これからはただ旅行するだけではなく、子どもたちに異文化を体験させる目的で日本を訪れる中国人も増えるかも知れない。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は「小さな子どもを連れて」訪れるべき国であるとの記事を掲載した。

 子どもを連れて海外旅行をしようと思う場合、大人だけの旅行とは勝手が異なる。それでも日本を旅行先に選ぶべき理由について、記事はまず「安全」であることを指摘。日本の治安の良さや交通の安全性は中国国内や、他のアジア諸国とは比較にならないことを挙げ、安心して旅行できる国であることを指摘した。

 さらに日本が「衛生的」で、なおかつ「何をするにも利便性の高い」ことを挙げている。日本が清潔な国であることは中国人にとっても周知の事実であり、24時間開いているコンビニエンスストアが至る所にある日本は非常に便利な旅行先と言えるだろう。特に子どもを連れての旅行では、すぐに飲み物を買えてトイレに行くこともできるコンビニエンスストアは強い味方になる。

 ほかにも「交通の便の良さ」、「中国文化が残っていること」「子どもの旅行費用が安い」などの点を挙げている。だが、子どもを連れて日本を訪れるべき、最大の理由は「子どもに総合的な民度教育を体験させることができる」点であると伝えている。

 子どもに日本を観察させ、日本人が他人に敬意を払う姿などを見せることこそが、日本旅行の「最重要の理由」だと指摘した。つまり、中国では絶対に学べないことが日本では旅行という短期間でも学ぶことができるということだ。中国人にとって、それだけ日本は啓発の多い国だという意味であろう。

 世界的に見て、子ども連れでも安心して訪れることのできる国はそれほど多くはない。記事で列挙されている日本を訪れるべき理由を見ていると、日本人としても「日本の良さ」を再確認することができるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)