8日、韓国・ソウルの人気テーマパーク「ロッテワールド」で今年導入されたアトラクションへの優先搭乗チケットに批判の声が上がっている。写真はロッテワールド。

写真拡大

2016年6月8日、韓国・ベイビーニュースによると、韓国・ソウルの人気テーマパーク「ロッテワールド」で今年導入されたアトラクションへの優先搭乗チケットに批判の声が上がっている。

【その他の写真】

問題となっているのは、この4月末から発売されている「マジックパス・プレミアム・チケット」。休日ともなると人気のアトラクションに数時間待ちの行列ができる同パークで、ほとんど並ばずに乗り物に乗ることができる優先チケットだ。園内のすべての乗り物を利用できる「フリー券」が10万ウォン(約9300円)、5種のみに乗れる「5種券」が3万ウォン(約2800円)で、同パークの年間会員などを対象に販売されている。

同パークが日本など海外の例も参考に導入したシステムなのだが、子どもを連れパークを訪れた親などからこれに批判が相次いでいる。子どもと共に行列に並んでいたある親は、チケットを持った客が先に乗り物に乗るのを見て「子どもたちはまだ分別がついていない。これを見て『お金があれば何でもできる』という考えを持つのではないかと心配」と語った。他にも「お金で努力も買えるということか」「割り込みがお金で正当化されている」「お金で何でも済まされることを示す資本主義の典型」「遊園地で子どもたちが何を学ぶだろう?」と批判や懸念の声が寄せられている。

一部「お金で時間を買うのは正当な権利」と肯定的な見方もあるものの、ロッテワールドは数多くの批判を受け、「販売状況や顧客の反応などを総合的に注視し、対応を検討する」としている。

記事は韓国で大きな注目を集め、ネットユーザーから1000件を超えるコメントが寄せられているが、チケットに否定的な声がやや多いようだ。

「障害者や体の不自由な人が優先で乗れるのは分かるけど、お金を払えば優先されるというのはやっぱり違うと思う」
「企業マインドが本当にチンピラだな」
「道徳も秩序もない日本企業ロッテ」

「プレミアム顧客が増えたら、今度はスペシャル・プレミアムといってさらに倍の値段のチケットを出すだろう。金持ちのもうけ方は実に簡単だね」
「このチケットで割り込みする人について娘に聞かれたら何と答えよう?今から気が重いよ」
「ロッテがやることはみんなこんなもの」

「ロッテワールドだけじゃない。もともと世の中は不公平なものだ」
「外国のテーマパークのチケットは合理的で、韓国で同じことをやったら不公平だって?ロッテがいいわけではないけど、それはあまりにひねくれた見方だ」
「飛行機だって同じこと。たくさん払えば荷物を預けるのも無料だし、先に乗れるじゃないか。ロッテが間違っているのではなく、僕ら自身が物質万能主義の社会に生きているんだよ」(翻訳・編集/吉金)