画像

写真拡大 (全2枚)

 オプトは、デジタル時代におけるブランドコミュニケーションを追求する「デジタルブランディングプロジェクト」を発足し、その第1弾として、パシフィックボイスと共同で映像によるブランド価値の向上を目指す研究所「Branded movie Lab」を設立した。

 オプトは、デジタル時代におけるブランドコミュニケーションを追求する「デジタルブランディングプロジェクト」を立ち上げた。そして第1弾として、パシフィックボイスと共同で、動画によるブランド価値向上を追求する研究所「Branded movie Lab」を設立した。

 オプトでは、2015年にブランドコミュニケーション専門の部門を新設した。ブランド広告主に対し、オンラインビデオやソーシャルメディア、コンテンツマーケティングなど、デジタルを起点としたブランド戦略立案・実行の支援を行ってきた。そしてこの1年の取り組みや研究を基盤に、ブランド広告市場におけるデジタル活用を活性化させるため、同社は今回の新プロジェクトの発足に至った。

 また、プロジェクト第1弾として設立された「Branded movie Lab」では、ブランデッドムービーの位置付けを、「コンテンツ自体が魅力・価値を持ち、オーディエンスとの繋がりを生むブランドのメッセージがあるもの」と定義。そして従来のニーズやマーケット調査、動画による生活者の態度変容・購買活動への影響度の可視化、表情解析などの先端手法による分析を取り入れることで、企業と生活者の新たなコミュニケーションを創出していく。

MarkeZine編集部[著]