まるで江戸。涼しく熱く日本の夏を満喫できる日本橋へ

写真拡大 (全5枚)

金魚に浴衣、うちわに夜のお散歩。今年もまた夏の楽しみがやってきます。もうすぐ日本橋にやってきます。
パワーアップした今年は、回遊型の新施策も登場

江戸時代に日本橋で育まれた「涼」をとる生活の知恵や工夫を現代流にアレンジし、その様々な体験を楽しむ夏のイベント「ECO EDO日本橋」。
9回目となる今年はさらにパワーアップし、日本橋全域を楽しめるよう、回遊型の新施策も展開。その名も「ECO EDO日本橋2016 〜五感で楽しむ、江戸の涼〜」と題し、2016年7月8日(金)〜9月25日(日)の期間限定で開催されます。

たとえば「衣」で涼をとる「浴衣」は、江戸で花開いた庶民文化。その浴衣を身にまとえば、参加店舗で涼アイテムプレゼントといった限定サービスもあります。
もちろん現地で浴衣レンタルや着付けサービスもあるので、家から着てくる必要がなく気軽に楽しめます。
見逃せない。今年初の「金魚スイーツさんぽ」
着る以外にも、見て涼を感じる「金魚」「提灯」や、聞いて涼をとる「風鈴」、また江戸の知恵が詰まった「舟遊び」「打ち水」など、日本情緒溢れる納涼気分を五感で体感できます。
なかでも毎年人気なのが水中アート展覧会。
今年は「アートアクアリウム誕生10周年記念祭 ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2016 〜江戸・金魚の涼〜&ナイトアクアリウム〜」と題し、「金魚」にスポットをあて、「和」をテーマにした最新の演出が楽しめるそう。

また今年初実施となる、日本橋中の涼甘味を食べ歩く「金魚スイーツさんぽ」も期待度大です。約55店舗(2016年5月31日現在)も参加の予定で、どのスイーツにも金魚の可憐な姿がほどこされていて、食べるのがもったいないくらい。
ほかにも挙げきれないほどのイベントが詰まった「ECO EDO 日本橋 2016」。街中で開催されるとあって、ふらりと訪れても夏気分を満喫できるのがうれしいですね。
今年の夏も、日本橋が涼しく、そして熱くなりそうです。

ECO EDO 日本橋 2016 〜五感で楽しむ、江戸の涼〜
期間:2016年7月8日(金)〜9月25日(日)
アートアクアリウム誕生10周年記念祭 ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2016 〜江戸・金魚の涼〜&ナイトアクアリウム〜
期間:2016年7月8日(金)〜9月25 日(日)
場所:日本橋三井ホール (コレド室町15階 ※エントラスは4階)
アートクリウムゆかたステーション(完全事前予約制)
期間:2016年7月8日(金)〜9月25 日(日)
時間:11:00〜20:00 (最終受付19:30)
場所:コレド日本橋 地下1階 アトリウム
料金:3,240円(税込・アートクリウム優先入場券付き)※浴衣はご自身で持参いただきます。

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。