6日、日本から帰国後に夢だった屋台を出した中国人女性が注目を集めている。

写真拡大

2016年6月6日、北京青年報によると、日本から帰国後に夢だった屋台を出した中国人女性が注目を集めている。

西南政法大学の前の通りで煎餅果子(※クレープのようなストリートフード)を焼くのがその女性、李玉紅(リー・ユーホン)さんだ。李さんは河南省出身。1996年に河南大学法学部に入学し、現在の夫と出会った。大学入学後、ほどなくして交通事故で父親を失った。それからは、学費を稼ぐためにアルバイトをしながら勉強した。

卒業後は広州の外資系企業で仕事をし、2005年に河南省に戻ってからは友人と一緒にレストランを開店した。しかし、思うように繁盛せず、貯金も底をついた。2007年、夫が西南政法大学の大学院に合格したことをきっかけに、研修生として日本へ行くことを決心。帰国後に家族で重慶に移り住み、まもなく子どもが生まれた。李さんは「3年間の日本滞在で、仕事をやり抜くことを学んだ。独学で日本語検定2級にも合格した」と話す。

子育てをする中で、李さんは学生時代の夢だった屋台を出そうと思い立った。煎餅果子の作り方を勉強するため、1歳の息子を連れて天津まで行った。そして昨年8月、念願かなって屋台をオープン。遅くまで働く李さんに、家族は当初反対していたが、次第に応援するようになった。子どもとは朝しか顔を合わせることができなく、「申し訳なく思っている」というが、週末は息子も店に出て、お客さんを呼び込むなどの手伝いをしてくれるという。

大学を卒業し、語学の基礎がありながら屋台をやりたいという人は、中国では珍しいかもしれない。しかし、中国のネットユーザーからは、「良いと思う。私たちが苦労して大学に入る最大の目的は稼げる良い仕事に就くこと。興味もあってお金も稼げるんだから、屋台をやることは悪いことじゃない」と好意的な意見が見られる。また、「少なくとも、日本で本当のサービスと食品安全の厳しさを学べただけでも収穫だと思うよ」「夢を実現できたんだから祝福しよう。それに、労働によって対価を得るのはどの仕事も同じ。屋台はすごく清潔そうだし。日本人の食品に対する細やかさを持ち帰っていることは素晴らしいことだよ」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)