7日、大手会計事務所プライスウォーターハウスクーパースはこのほど発表した最新のリポートで、中国のモバイル通販市場が世界より3年先行していると指摘した。資料写真。

写真拡大

2016年6月7日、大手会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)はこのほど発表した最新のリポートで、中国のモバイル通販市場が世界より3年先行していると指摘した。ロイターが伝えた。

PwCの調査によると、モバイル端末を利用したネット通販利用者は世界平均が50%超であるのに対し、中国は88%と極めて高いことが分かった。

調査は世界25地域、計2万3000人を対象に行われた。中国の調査対象者は900人。

中国のネット通販市場規模は昨年、3兆8000億元(約61兆円)となり、社会消費品小売額の12.6%を占め、世界1位の座を保持している。(翻訳・編集/柳川)