大谷翔平 3年ぶりのデッドボールの受け方に「技あり」

ざっくり言うと

  • 日本ハムの大谷翔平は8日、広島戦の初回に3年ぶりのデッドボールを受けた
  • 大谷はくるっと体をひねり、148キロの速球を背中で受け平然と一塁へ走った
  • 二刀流には最大のリスクとなる右手へのデッドボールを技術と経験で回避した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング