写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンはPHEVモデルの第2弾「パサート GTE」シリーズを全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売すると発表した。セダンとステーションワゴンがラインアップされる。

「パサート GTE」は、昨年9月に導入した同社初のPHEVモデル「ゴルフ GTE」に続く第2弾として発売。パワートレーンは、アイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムの双方を備えた1.4リットルガソリンエンジンに、PHEV専用に開発した6速DSGギアボックスを組み合わせる。

エンジンとトランスミッションの間に発電機を兼ねた電気モーターを配置。エンジンと電機モーターの出力はそれぞれ156PS・116PSとなった。駆動用バッテリーは、外部からの充電が可能なエネルギー容量9.9kW/hのリチウムイオンバッテリーを採用した。

「EV」「ハイブリッド」「GTE」という3つの走行モードを備え、イグニッションをオンにするとEVモードになり、電気自動車として走行。EVモードでの航続距離は、現在、国内で販売されているすべてのPHEV(セダン / ステーションワゴン)の中で最長の51.7kmを誇る。ハイブリッドモードでは、エンジンと電気モーターを効率よく駆動して走行することで、21.4km/リットル(欧州公表値)という優れた燃料消費率を実現。GTEモードではエンジンと電気モーターのパワーを最大限に引き出し、パワフルな走行が可能となる。

同シリーズでは、セダンとステーションワゴンそれぞれに標準モデル「GTE」と上級グレード「GTE アドバンス」を用意。価格は、セダンの「パサート GTE」が519万9,000円、「パサート GTE アドバンス」が579万9,000円。ステーションワゴンの「パサート ヴァリアント GTE」が539万9,000円、「パサート ヴァリアント GTE アドバンス」が599万9,000円となっている(価格はすべて税込)。

(山津正明)